打球の飛距離とバッティングのスイングスピードは比例しない

なぜそんなにシンプルなバッティングの基本が語られないのか

ではなぜこんなにシンプルなバッティングの基本が野球現場では語られてこないのでしょうか。

それは、

インパクトの瞬間に100%の力を伝えるためには身体をどう使えば良いのか誰にも分からないから

です。

そのため、指導者は何らかのもっともらしい言葉で指導をしてしまいます。

100%の力を伝えられるような身体の使い方は人それぞれなので自分で見つけるしか実現する方法は存在していません。

そして仮に、そんなバッティングフォームを見つけたとしても、環境や心境の変化で簡単にベストな状態は変わってしまうため、安定して同じ結果を残すことができません。

つまり、本人にもベストな身体の使い方が分からず、指導者も選手のベストな方法が分からないという状態が今まで続いてきました。

では、自分の現在の瞬間の身体に適したインパクトへと100%の力を伝えるような身体の使い方をどのように習得すればいいのでしょうか。

次のページ:自分の身体に適したインパクトの瞬間に100%の力を伝えるためのトレーニング方法

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

剣道のある技がバッティング技術を向上させる

2016年8月29日

スイングする時に回転は意識してはいけない?! ~打者の股関節のハナシ~

2016年7月1日

バッティングの常識を疑え~ワンバウンドを振らないために

2017年1月5日

打者がバッティング練習ですべきことは1つだけ

2017年4月13日

強く飛距離のでるバッティングをするためのポイントは1つだけ

2017年5月3日

MONOBUNがバッティングトレーニングに良いシンプルな理由

2017年8月9日