プロ野球選手になるために最も必要なこと

野球選手でい続けたいならレギュラーになれる方法を考えよ

補欠の選手がプロ野球選手にはなれません。

たまに、某有名高校で、層が厚いところの3番手の投手がプロ野球選手になったりすることもありますが、さらに門は狭くなっています。

そのため、まずはレギュラーでなければ始まりません。

なぜ、あえてレギュラーの話をしているかというと、

多くの野球選手は本来の目的からそれた練習をしていることが多いから

です。

始めは試合に出るための練習が、周りを納得させるための練習になり、練習をこなすだけが使命になっていきます。

そしていつしか、ただただ苦しい練習を耐える日々が始まります。

多くの野球選手がこうなってしまうのであれば、実は答えは簡単です。

なぜなら

レギュラーになるためにどうすれば良いかだけを考えればいいから

です。

>次のページ:レギュラーになるために必要なことの誤解

レギュラーになるために必要なことの誤解

レギュラーになるために必要なことを考える前に多くの方が誤解してしまっていることがあります。

それは、

レギュラーになるためには上手くなければいけないという誤解

です。

レギュラーになるためには、何も上手い選手である必要はありません。

むしろ、試合の中で上手くなる選手の方が多いものです。

つまり、

上手くなるためにもレギュラーでい続けることが最も効率的である

ということです。

「Aさん」、「Bさん」がいたとします。

二人はレギュラー争いまっただ中で、技術力は甲乙つけがたい状態です。

そんな状態で、Aさんは練習をよくするけれど、Bさんはそうでもない状況だったとします。

また、Aさんは礼儀もよく挨拶も大きな声で元気がいいの対し、Bさんはそうでもないとした時、監督やコーチはどちらの選手を使いたくなるでしょうか。

メンバーの決定権を持つ首脳陣は人間です。

冷静な判断をしつつも、必ずどこかには感情が残ります。

レギュラーになるために、自チームの弱い部分を攻めるのも一つの作戦です。

そのためには、自分のできること、できないことを把握する必要もあります。

とにかく、野球選手として上達していきたいのであれば、レギュラーとして試合に出ることが必要不可欠です。

漠然として上達することを考えるのではなく、まずは徹底的にレギュラーになる方法を考えてみましょう。

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

女子野球選手と男子野球選手は根本的に違う

2016年8月6日

これからの野球界は”下剋上”の波が吹き荒れる?!

2016年3月24日

イチローのフォームを真似したあなたに訪れる悲劇 ~人の真似をしてもスイングは良くならない~

2016年4月7日

バッターがチームバッティングをする上で必要なこと

2017年5月23日

バッターがテイクバックをとらないのはこれからの常識

2016年5月8日

バッティングで打球を飛ばせすためには力ではなく技術

2017年3月31日