バッティング練習をする前にトレーニングの本質を考えましょう。

きつい練習でもバッティングが上達しなければ無意味

トレーニングと聞くと、一般的に「きつい」、「苦しい」というイメージがあるかと思います。

一般常識で考えれば、「筋トレ」や「ランニング」などのきつい練習をイメージしてしまいます。

しかし、これはあくまで今までの一般論です。

では、これからの本格的にトレーニングの本質を考えていきましょう。

そのためには、この質問に明確な答えを持っていなければなりません。

それは、

あなたは何のためにトレーニングをしているのか

というものです。

さて、何でしょうか。

一度考えてみてください。

答えは簡単ですよね。

それは、

野球選手として野球が上手くなるため

です。

つまり、

野球選手として上手くなることに繋がるのであれば意味のあるトレーニングで、上手くならないのであれば無意味なトレーニング

だと言えます。

いくら「きつい」練習であっても野球選手として上達しなければ無意味です。

反対に楽な練習であっても野球選手として上達すれば意味のあるトレーニングです。

では、この考え方をもとに自分のトレーニング内容を考え直してみてください。

>次のページ:バッティングを本当に上達させたいなら自分の頭で考えよ!

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手にとって”水泳”のトレーニングは効果的なのか?

2016年3月26日

ストレッチはいい加減にやった方が効果があるって知ってた?

2017年3月7日

野球選手がスランプに陥ったらやるべきこと

2017年10月13日

今やっているトレーニングは本当に野球のためですか?

2017年3月21日

野球選手の大半は「体幹」が何なのか知らない

2016年9月23日

バッティングトレーニングのポイント ~三振をしないために必要な2つのこと

2016年9月30日