打者のデットボールにアイシングは必要なのか

打者のデットボールにアイシングは必要なのか

試合中や練習中に打者がデットボールを受けることがあります。

すると、試合後や練習後にアイシングをしている光景を良く見かけます。

また、試合後や練習後と言わず、緊急を要するような部位へのデッドボールは一塁に行くまでにアイシングを行います。

緊急を要する部位とは、「肘」や「膝」、「くるぶし」、「肩」といった骨が突出している部分で、骨折の疑いなどが考えるためにアイシングを行っているようです。

昔から捻挫や疲労回復などに対して「冷やす」VS「温める」の議論が繰り広げられ続けており、未だに決着がついていません。

結論から言えば、「takebat.com」ではアイシングは不要だと考えています(『ピッチャーとアイシングの関係についてすべてを語る ~アイシングの必要な時と不要な時~』)。

しかし、本日の記事ではアイシングが必要かどうか以前のもっと根本的な部分について記していきたいと考えています。

それは、

アイシングのメリットとデメリットを理解しているか

という点です。

アイシングに限らずどんな物事にもメリットとデメリットが存在し、現状において何を優先するのかを考慮に入れた上で判断しなければなりません。

現在の野球界において問題なのが

何かあったらアイシングをしておけば大丈夫という風潮があること

です。

アイシング自体を完全に否定するわけではありませんが、アイシング以外にも選択肢があり、野球界で行われているアイシングは無意味でデメリットの方が多いため、浅知恵で行うぐらいなら辞めた方が良いと考えています。

>次のページ:野球人がアイシングをすることのデメリット

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッターが三振しないために大切な2つのポイント

2017年5月13日

バットのヘッドを立てるのって意味あるの? ~ヘッドをたてるの正体~

2016年6月20日

野球界に今ある常識よりも10年先の常識を考えて練習しよう。

2017年3月18日

野球の練習は修行ではありません。

2017年4月27日

レベルスイングには致命的な欠陥があるって知ってた?

2015年11月23日

体全体をフルに使ったバッティングって何のこと?

2016年7月9日