野球を上達したければ監督のハナシは聞き流せ

これからの野球界のやり方では活躍できない時代がくる

これからは、どんな若い世代の人たちでも様々な情報にアクセスすることができます。

すると、今まででは考えられなかったような結果を残す野球選手が現れてくるでしょう。

今までのように甲子園に行ってプロになることだけが全てではない時代がやってくるかもしれません。

初めからメジャーリーガーを目指すような選手が出てきても不思議ではありません。

そんな時代に向けて、旧態依然の野球を続ける指導者の言うことを聞いていても何のあてにもなりません。

これからの野球界は、純粋に野球を上達しようとしている人しか活躍できなくなります。

そのためには、自分で自分のことを全てしなければなりません。

自分で自分の決断に責任を持たなければいけません。

監督やコーチは、あくまであなたの調子を判断し試合で使えるかどうかの判断をします。

選手は、常に自分が万全な状態にあること、試合に出て結果を残す可能性を示すことでチームは成立します。

これ以上もこれ以下もする必要はありません。

監督も建前上何かを言わなくてはならないだけなので、そんな話は右から左で大丈夫です。

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングにおいて隙のない構え方ってどんな構え方?

2016年11月13日

練習のための練習はやめませんか? ~試合で生きるバッティング練習とは~

2016年8月28日

打者がシーズンオフに必要なことは常識と真逆だったという事実

2015年12月26日

バッティングに必要なことはスイングスピードではない

2016年6月28日

野球のキレがないのは短距離が遅いからではない

2017年9月23日

手首の強さと打球の強さは関係ない

2017年2月4日