バッティングでボールに打ち負けないために必要なこと

バッティングでボールに打ち負けないために必要なこと

バッティングをしていて以下のような経験をしたことはないでしょうか。

・芯でとらえた打球が野手の正面にいく
・ポール際でファールになってしまう
・フェンスの手前でフライアウトになる

上記はすべて同じ理由で投手に打ち取られています。

その理由とは、

ボールに打ち負けてしまっていること

です。

では、そんな「ボールに打ち負けてしまう」理由を考えたことはあるでしょうか。

大半の方は「筋力」に目を向けますが、実は「筋力」はほとんど関係ありません。

では、なぜバッティング中にボールに打ち負けてしまうようなシーンが発生するのでしょうか。

それは、

自分のスイングができていないから

です。

自分がフルスイングできるタイミングでバッティングできれば、同じ状況でも結果が変わってきます。

・ボテゴロでも野手の間を抜けていく
・ポテンヒットになる
・ファールになりそうな打球がポールを巻くようにホームランとなる

上記のような結果になるでしょう。

まさに、紙一重の所で「アウト」か「ヒット」、「ホームラン」という結果が生まれています。

次のページ:バッティングで自分のスイングをするために必要なこと

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

打者がバッティング練習ですべきことは1つだけ

2017年4月13日

試合に出る一番の近道 ~指導者が選手に分かってほしいこと~

2015年12月30日

野球選手は甘えすぎという現状を理解しましょう。

2016年7月22日

芯で捉えられないのはフルスイングをしないからです。

2016年1月30日

アッパースイングもダウンスイングも実は同じ

2017年2月6日

野球選手にランニングはいらない

2017年9月4日