バッティングはフルスイングしないと芯でとらえられない

バッティングはフルスイングしないと芯でとらえられない

野球選手が「バッティング」をやる時に最も気にかけていることは何でしょうか。

様々な視点があると思いますが、「バット」の「芯」でボールの芯をとらえたいという思いは抱いていると思います。

そのために、来る日も来る日も練習を行っているのではないでしょうか。

ただし、そんな日々の中で次のことを考えたことはあるでしょうか。

それは

どうやったら「芯」でとらえやすくなるのか

ということです。

「バット」の「芯」でとらえられるようになるために、何となく黙々とバッティングしていても技術は向上しません。

大半の野球選手は「バット」に「ボール」を当てるために考えていることは以下のようなことに集約されてきます。

・ボールをよく見て、バットに当てるように振る
・芯で捉えられるように意識してバットを振らないと当たるようにならない

さて、これは本当でしょうか?

ボールを良く見れば芯でとらえられるようになるのでしょうか。

意識するだけで芯でとらえられるようになるのでしょうか。

これは実際の「バッティング」をするときのことを考えれば答えが見えてきます。

練習中で考えてはいけません。

実践の瞬間を考えましょう。

>次のページ:練習でできたからといって試合で通用するわけではない

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングを良くしたいなら体幹の意味を正しく知ろう

2017年5月5日

野球選手の筋トレの代償を考えたことがありますか?

2017年10月8日

野球選手が腹筋や背筋を鍛えても意味がない

2017年1月26日

野球の常識はスポーツの非常識/Kindle版【発売開始】 いつまで無意味なことを続けるの?

2016年5月14日

打者は春になるとスイングが鈍くなるって知ってた? ~冬場にやるトレーニングの無意味さ~

2016年4月6日

バッティングは回転を意識するよりも、直線を意識した方がいい理由

2015年11月11日