バッティングの基本はゴロではない。

バッティングの基本はゴロではない。

野球界では、何十年も前から打者に対して「ゴロを打て」と指導することが基本とされてきました。

その根拠は、「ゴロを転がせば出塁できる可能性が上がる」、「ゴロには野手のエラーと暴投と、加えてそのボールを取る野手のエラーと3回のエラーの可能性がある」といものでした。

反対にフライは補給したら終わりで1度しかエラーのチャンスがありません。

そのため、「ゴロを打て」と教わってきました。

しかし、ここで一つ考えてください。

それは

「ゴロを打て」という指導はあくまで「エラー」を基準にした考え方であること

です。

結論から言えば、「ゴロを意識したスイング」というのは選手の可能性を大きく潰している要因になっています。

ゴロを意識したスイングをしてしまうと、選手にどのような影響が出ているかご存じでしょうか。

ゴロを追求してしまう負の可能性をご存知でしょうか。

選手に指導する内容は、検証した上で指導していく必要があるのに、検証もされないまま指導してしまうのはいかがなものでしょうか。

まだ「エラーの確率」を考えての「ゴロを打て」という指導であれば、まだましな方です。

酷い場合、

「指導者自身が昔に教わったからそのまま教えている」

という指導体制です。

野球界、スポーツ界は日々進化しています。

そして昔の人が言っていたは何の根拠にもなりません。

選手のことを本気で考えるのであれば、ゴロを打つことの「メリット」と「デメリット」を考えるべきでしょう。

その「メリット」、「デメリット」を踏まえた上で、どう指導することが最も効率が大きいのかを比較検討し、選手に伝えることが指導者の役目であり、本当の「指導」と呼べるのではないでしょうか。

>ゴロを打つことが伝統なのか

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッターに筋力トレーニングはいらない

2017年6月6日

バッティングは回転を意識するよりも、直線を意識した方がいい理由

2015年11月11日

ボールが止まって見えた・・・なんてありえるのか。

2016年12月23日

バッティング技術を高めるシンプルなトレーニング方法

2017年5月25日

タメって本当に必要なの? ~バッティングのタメの正体~

2016年7月20日

不調な時に過去のスイングに頼ると自滅する一方です。

2016年7月16日