バッティングの打球の方向を簡単に操る方法

バッティングの打球の方向はタイミングで変えてはいけない

打者であればシーンによって「引っ張る」、「反対方向に流す」、「センター方向に返す」といった打球の方向を打ち分けたい時があると思います。

そんな時、あなたなら、どんな風にスイングしているでしょうか。

当然ながら、引っ張るためには早めに振りだし、流すためには振り遅れればいい・・・などという単純なものではありません。

仮にもタイミングのみで打ち分けを考えているとすると、変化球などの球種対応は難しいでしょう。

また打球の方向があっていたとしても弱々しい打球を打っていたのではバッターとして失格です。

それでは、どのようにして打球の方向を打ち分ければいいのでしょうか。

実は、この問題にはとても簡単な方法で解決することができます。

好打者であっても打率は3割程度と言われるなかで、シーンによって打球の打ち分けができる打者というのは貴重な存在です。

つまりは、チームからの信頼を勝ち取ることができるため、試合に出場する機会を得やすくなるでしょう。

試合に出場することが最大の練習だと考えれば、打球を打ち分けられるようになることが、最短で野球を上達する方法の一つだと言えます。

>次のページ:バッティングの打球の方向を簡単に操る方法

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バットを短く持つことに意味はない

2016年8月26日

バッティングはフルスイングしないと芯でとらえられない

2017年3月13日

タイミングが外されてもバッティングできる方法

2016年10月16日

フライをあげるのはそんなに悪いことではない

2016年8月15日

バッティングの結果は構えで9割決まっている?!

2016年11月4日

バッティングは「静」から「動」への「動作」を実現すること

2016年7月26日