バッティングは左打ちが圧倒的に有利な理由

潜在意識が打者に与える影響

バッターは潜在意識の中で、詰まったバッティングを避けたがる生き物です。

それと同時に少しでも一塁ベースに速く到達したい思いがあるため、どうしても一塁ベースに意識が向いてしまいます。

これは人間である限り逃れられません。

すると右打者の場合、

比較的に懐が狭くなってしまうの

という特性を持っています。

極端な言い方をすれば、身体がボールに対して突っ込んだ形になります。

つまり、

右打者が右方向へ打とうとすると詰まり気味になる

ということです。

反対に左打者は1塁の方向に意識が行くおかげで懐が空きやすくなるため「流し打ち」が比較的行いやすいという特性を持っています。

ここで理解して頂きたいことは、根拠を理解することよりも潜在意識が人間に与える影響が絶大であるということです。

>打者に必要なことは自分の特性を知ること

ページ: 1 2 3 4

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

投手心理をマルハダカにして投手を打ち崩せ!~第2話:試合前の投手心理~

2015年11月15日

練習では打てても試合では打てない理由

2016年8月11日

ホームランの打ち方

2016年8月19日

強打者の条件 ~強打者なるためのバッティング

2016年10月18日

野球選手に「腹筋」がなぜ必要なのか説明できますか? ~腹筋と背筋のバランスのハナシ~

2016年3月12日

野球選手は主張が足りないから成長しない

2017年4月4日