バッティングで安定した身体をつくるために必要なこと

人間の身体は固くすれば「不安定」になり緩めれば「安定」する

「固くすれば不安定 緩めば安定」という言葉を聞いて矛盾していると思いますか?

矛盾していると感じた方は野球界の無意味な常識に囚われてしまっています。

実は、決して矛盾していません。

野球選手を初めとして、アスリートの多くの常識の中では、固くした方が安定していると思っている人が大半です。

そのため、皆が筋トレを繰り返しています(『野球選手に筋トレが必要ない理由』)。

しかし、人間の身体の構造をみていくと、実はまったくの逆の現象が起きている部分があるってご存知でしたか?

野球で常識的に捉えられていることはスポーツ界では非常識なことがたくさんあります。

その最たる例が

「固くすれば不安定 緩めば安定」

という言葉に矛盾を感じてしまうことです。

>次のページ:筋肉を固めると関節が不安定になる

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

筋肉はつけると故障リスクを高め、筋肉がつくと故障しにくい

2017年3月6日

野球選手は無駄だと言われる練習をする勇気が必要

2017年1月16日

バッティングは左打ちが圧倒的に有利な理由

2017年2月14日

野球は監督がチームで最も偉いわけではない。

2016年11月11日

バッティングは「静」から「動」への「動作」を実現すること

2016年7月26日

野球選手にとって必要なトレーニングとは何なのか? ~プロレスリングNOAH/金丸義信氏インタビュー~

2016年4月27日