バッティングはストライクゾーンを振ることがベストなわけではない

バッティングはストライクゾーンを振ることがベストなわけではない

バッティングをする時に当たり前のことですが確認して頂きたいことがあります。

それは、

体から腕の長さにバットの長さを足した範囲以外打つことはできない

ということです。

つまり、肩関節からバットの先端までの距離の範囲内でボールとバットをぶつけないことにはバッティングはできないということです。

そのため、範囲外のボールは振ってはいけません。

振った結果は

100%空振り

です。

さらに、打者がボールを捉えるインパクトの瞬間には、できるだけ力が入っていた方がいいのは当然のことです。

人間の身体の構造を考えれば、腕は曲がった状態でインパクトを迎える方がいいため、バッティングをする範囲はさらに狭まることになります。

さらに「バッティングをする範囲」という意味で考えると、「ステップ」や「体重移動」を伴ってスイングすることになるので、「ボール」を捉える位置は人によって、時と場合によって変化していくことになります。

さてここまで、かなり当たり前のことを言ってきましたが、この事実を改めて理解した上で、野球界で常識と考えられている要素がぬけていることにお気づきですか?

それは、

野球界ではストライクゾーンを打つのが当たり前と思っていること

です。

バッティングは結果論で言えば、「ヒット」か「ホームラン」を打てば問題ありません。

もっと言えば出塁率を高められる形を目指すが打者として勝利に貢献できる形です。

つまり、

ストライクゾーンに必要以上に縛られることはない

ということです。

「ヒットが打てる」、「ホームランが打てる」、「フォアボールも選べる」というバランスを打者自身がどのようにとるかによって狙う所は変わってくるはずです。

もっと言えば「ボール球」でも「ヒットゾーン」があるならば、どんどん振っていっても問題はありません。

「ボール球は見逃せ、ストライクだけ振っていけ」という言葉は本質を捉えた言葉ではありません。

>次のページ:バッティングに大切なこと

ページ: 1 2 3 4

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バットを最短距離で出すメリット

2017年11月4日

フライ理論が今ではバッティングの常識

2017年12月15日

アッパーであろうとダウンであろうとバッティングには関係ない

2017年3月8日

大手メーカーの新商品を使えば使うだけ野球が下手になる

2017年9月21日

ストレッチはデメリットがあると思った方が良い

2016年11月27日

これからのバッティング技術は「リラックストリガーロック」がポイント ~バッティングの新常識~

2016年1月19日