バッティングは待ち方で9割決まる

バッティングは待ち方で9割決まる

打者にとってのボールの「待ち方」は、バッティングにおいてとても重要なことの一つです。

なぜかというと、

ボールから目を切るタイミングが「待ち方」と深く関係しているから

です。

まだ分かりにくいと思いますので、詳しくみていきたいと思います。

まず、調子が「良い選手」と「悪い選手」を、「投手」の投げた「ボール」を「見逃した瞬間」を統計的に見ていくと興味深いことが分かります。

それは

調子のよくない選手は、比較的早い段階で体を起こすような(目を切っている)動作

をしています。

反対に、

調子の良い選手は、ステップしても、ボールの軌道を追うような形

をしています。

この両者の「見逃し方の違い」で調子の良し悪しが生まれています。

どのような違いを生み出しているのかというと、

調子の良い選手の見逃し方は、どんなタイミングであってもバットが出せる状態で構えているが、調子の悪い選手は特定のタイミングにしか対応できない

という状態を創っています。

もっと簡単に言えば、

「見逃されている」のか「見逃している」のか

という違いです。

この二つは、結果は同じでも大きな違いです。

>次のページ:調子の良い選手と同じ待ち方を実現するためには

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球が上達する選手は質問もうまい ~あなたは何のためにそれを聞くのか~

2016年5月4日

変化球の打ち方はたった2種類しかないって知ってた? ~基本的な変化球の打ち方講座~

2016年1月6日

上手くなりたければバットは振ってはいけない

2016年9月17日

野球選手全てに当てはまるバッティングの構え方なんてない

2017年2月12日

野球選手は無駄だと言われる練習をする勇気が必要

2017年1月16日

「スイングをタテに振りながらヘッドを下げる」が打てるバッターの条件

2015年12月1日