技術向上

バッティングは待ち方で9割決まる

バッティングは待ち方で9割決まる

打者にとってのボールの「待ち方」は、バッティングにおいてとても重要なことの一つです。

なぜかというと、

ボールから目を切るタイミングが「待ち方」と深く関係しているから

です。

まだ分かりにくいと思いますので、詳しくみていきたいと思います。

まず、調子が「良い選手」と「悪い選手」を、「投手」の投げた「ボール」を「見逃した瞬間」を統計的に見ていくと興味深いことが分かります。

それは

調子のよくない選手は、比較的早い段階で体を起こすような(目を切っている)動作

をしています。

反対に、

調子の良い選手は、ステップしても、ボールの軌道を追うような形

をしています。

この両者の「見逃し方の違い」で調子の良し悪しが生まれています。

どのような違いを生み出しているのかというと、

調子の良い選手の見逃し方は、どんなタイミングであってもバットが出せる状態で構えているが、調子の悪い選手は特定のタイミングにしか対応できない

という状態を創っています。

もっと簡単に言えば、

「見逃されている」のか「見逃している」のか

という違いです。

この二つは、結果は同じでも大きな違いです。

>次のページ:調子の良い選手と同じ待ち方を実現するためには

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングトレーニングとはホームランの練習をすること
バッティングにテイクバックは必要なのか?
日本人の野球選手にかけているもの
打者はバッティングを良くしたいなら決明子を食べろ!
野球選手は主張が足りないから成長しない
バッティング練習をする前にトレーニングの本質を考えましょう。

最新記事のチェックにフォローしよう