バッティングに必要なことはスイングスピードではない

バッティングに必要なことはスイングスピードではない

野球界では、「バッティング」について語られる際、「スイングスピードが早ければ早いほどいい」と考えられています。

その理由としては、

・「ボール」を体の近くまで引き付けることができる
・スイングスピードが早い方が「ボール」と「バット」の反発が強くなる

と考えられています。

しかし、これらの根拠は間違いであったことが最近では判明してきています。

「ボール」を体の近くまで引きつけられても、「ヒット」や「ホームラン」が打てるのかというとそんな単純なハナシではありません。

また「スイングスピード」が早くても「ボール」との反発は強くならないので、鋭い打球や、遠くに飛ぶ打球を打つことができるわけではありません。

仮に、体の近くまでボールを引きつけられたとしても、バットの軌道が適切な軌道をしていなくては、見当違いの「スイング」になることは安易に理解できるハナシです。

また、人間が「バット」を持って「スイング」しているため、単純にスピードある物体同士(「バット」と「ボール」)がぶつかることによって起きる結果とは異なってきます。

人間が実現できるスイングスピードはしれている

人間がいくら練習したところで「スイングスピード」を高められる限界は決まっています。

仮に限界以上の「スイングスピード」を求めると、人間の体にとって弊害を生み出す可能性が高まります。

「スイングスピード」を求めることは、もろ刃の剣どころか、効果的な結果も生まないのであれば、怪我・故障をするためにトレーニングしているようなものです。

そのため、最低限のスイングスピードの確保ができれば、他に必要なことは、「タイミング」、「ボールをバットに当てるポイント」、「ボールを捉える身体からの距離感」などを向上させるトレーニングが必要になります。

最低限の「スイングスピード」とは一般的な中学生程度の「スイングスピード」があれば「ホームラン」を打つことは可能です(『ホームランの打ち方 ~ホームランから遠ざかる2つのバッティング指導法~』)。

今や小学生でも、両翼90mの球場でも「スタンドイン」できる時代です。

それなのに、プロ野球選手でも「ホームラン」を打てない選手もいます。

それは単純に「力」や「スイングスピード」が「バッティング」に必要ではないことを意味しています。

ただ闇雲に球数を打っても、ただ闇雲にスイングの数を増やしても、それはどれだけ自分の身になっているのか数値にならないところなので効果は分かりません。

バッティングにおいてスイングスピードを求めるより大切なこと

では「スイングスピード」を求めないのであれば、何を目指してトレーニングすればいいのでしょうか。

それは、

自分の身体を効率的に使うバッティングフォームを手に入れること

です。

そして、その「バッティングフォーム」を使って、実際の「ボール」に対してどのようにぶつけるのかをトレーニングすることです。

これだけで、あなたの「バッティング」は大きく変わるでしょう。

それぐらい、大半の選手は自分の身体の力を100%活用していません。

その原因は、一般的に正しいと言われるような「スイング」や「バッティング理論」を取り入れてしまっているからです。

人間の身体は、人それぞれ違うため、その人に合った「効果的な身体の使い方」は異なります。

100人いれば100人が違います。

そんな一人の人間に、お決まりの「バッティングフォーム」をさせてしまうと、自分の身体を効果的に使うことはできなくなります。

パフォーマンスが向上しないだけでも問題ですが、無理のあるフォームは身体への負担を高め、故障・怪我へとつながっていきます。

万人にとって効果的な「バッティングフォーム」は存在しえないのです。

自分の身体に合ったバッティングフォームを手にれるトレーニング方法

とはいえ、「自分の身体に合ったバッティングフォーム」を手に入れるためにはどうすればいいのでしょうか。

言葉で書けば簡単でも、実現するのは難しいように思えます。

しかし、そんな複雑なことを考えなくても良い方法があります。

それは、

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れること

です。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であってそれはあなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

「MONOBUN」で「爆風音」を鳴らすためには、「自分の身体に合ったバッティングフォーム」を手に入れる必要があります。

つまり、「MONOBUN」で「爆風音」を鳴らす意識をしていれば、結果的に、「自分の身体に合ったバッティングフォーム」を手に入れることができています。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

 

 

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

ゴロをはじいてしまう理由 ~捕ろうとすればするほど、はじいてしまう~

2016年3月29日

バッティングを良くしたいなら力の流れを考えろ。

2017年10月29日

【小難しすぎて閲覧注意】筋肉の働きについて真面目に語ってみました。【打者編】

2015年10月23日

走り込み不要論~野球選手に走り込みはいらない/Kindle版【発売開始】

2017年2月10日

実は意味なんてなかった ~プロ野球選手が炎に向かって祈祷する秘密~

2015年12月31日

ボールを平行に見ようとするから打てません ~斜めにボールを見るススメ~

2016年1月23日