バッティングをするのにヘッドが下がるのは当たり前

バッティングはヘッドが下がらないと打率が下がる?!

また別の観点から考えても、「ヘッド」が下がらないと非効率であることが分かります。

投手が投げたボールは必ず地面に向かって落ちていきます。

ましてやマウンドという打者のいるところより高いところから、下に向かって投球するため、通常より落ちながらバッターに向かってきます。

そんな「ボール」に対して、「ヘッド」をたてた状態で上からたたくと、結果はどうなるでしょうか。

また地面と平行にスイングすると、どのような結果になるでしょうか。

この状態で「バッティング」することは、とても高度な技術が必要です。

それは、

点で「ボール」を捕らえなくてはいけないから

です。

「バット」と「ボール」が当たる瞬間が1点しか存在しません。

上から叩きながら「線」で捕らえることは、物理的に不可能です。

「線」で捉えるためには、「ヘッド」を下げて、下から「スイング」することしかできません。

「ヘッド」は下がるものだと認識し、「スイング」するほうが正常で、「打率」や「ホームラン」の確率も上げることができるでしょう。

野球界では、検証が不十分なまま過去から伝説的に語られていることを繰り返し伝え、今でも変わらず行っていることがたくさん存在します。

それを「伝統」という美辞麗句で隠し、検証する機会を失っています。

「伝統」は伝えるものではなく、伝わるものです。

遠回りするような情報に惑わされないように、一歩踏みとどまって考えてみてくださいね。

すると、最短距離が見えてくると思います。

遠回りすることも悪くないと思います。得られるものも勿論あります。

でも早く上手くなりたい人にとっては遠回りは何の意味もありません。

遠回りしたくない人は遠回りしてはダメです。

単純なことです。

>次のページ:バッティングに大切なこと

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球の守備が上手くなりたければ、バッティングカウントを知れ

2016年12月22日

ボールが止まって見えた・・・なんてありえるのか。

2016年12月23日

野球の試合で勝つために最も大切なこと

2016年12月25日

プロ野球選手の本音はチームのためになんて思っていない。

2016年11月10日

野球選手に必要なことは筋トレではなく動作効率を高めること

2017年1月28日

打者のバッティングのボールの待ち方

2017年4月15日