「なっちゃった」が打者人生を救う?!

「なっちゃった」が打者人生を救う?!

タイトルからすると何のことを言っているのか分かりにくいと思います。

が、しかし、これは意外と真面目な話なのです。

野球選手の練習の取り組み方は、何かを「意識して取り組む」というのが普通だと思います。

例えば、「内角」が打てなければ「内角」を意識してスイングし、「ワンバウンド」を振ってしまうのであれば振らないような意識を持ってバッティング練習を行います。

しかし、実はこの「意識」が邪魔をしてしまっているケースが存在しています。

内容によって、「意識する」ことが、パフォーマンスの向上の弊害となっているということです。

逆に言えば、意識しない方が良いことがあるということです。

では、どのようなことを意識してしまうと、パフォーマンスの向上を妨げてしまうのでしょうか。

それは、

相手の力量によって左右されてしまうようなもの

です。

例えば、

・ワンバウンドを振ろうと思わないのに振ってしまう
・内角を打ちたくても打てない

などです。

こういった類のものは、意識すればするほど、思った結果からは遠ざかっていってしまうでしょう。

では、対処法がないのかといった話になると思いますが、そんな時に役に立つ言葉ことそが「なっちゃった」です。

つまり、

打とうと思って打つのではなく「打てちゃった」という形で打つ

ということです。

動作自体を意識して変化させるのは難しい

「ワンバウンド」を振らなくするためには、「振らない」という意識を持っても意味がなく、「振らない」ような準備を事前にしておく必要があります。

「あれだけワンバウンドを振っていたのに、いつしか振らなくなっちゃった」という形を求める必要があります。

そのためには、意識の問題ではなく、「構え方」や、「ステップ」といった振るまでの事前動作が大きく関わった結果として振らなくなります。

人間は、「動作」自体は「何らかのきっかけ」があって自然に行っているものです。

その「きっかけ」の部分を変えない限り、「動作」を変えることはできません。

そういったことを置き去りにしてしまうのが野球界の特徴だとも言えます。

そばで見ていると、振るはずもない「ワンバウンド」のボールでも、振ってしまっているのには理由があります。

そして、その選手は「ワンバウンド」のボールが振りたくて振っているわけではありません。

そんな選手に「ワンバウンドを振るな」と伝えたところで何も変わりません。

というよりむしろ悪影響を及ぼして、余計に振るようになるのが関の山です。

そんな選手には、「気づいたらなっていた」という「なっちゃった」を実現できるような指導が必要でしょう。

打者に必要な「なっちゃった」をすべて手に入れるトレーニングアイテム

そんな「なっちゃった」指導法の最高傑作のトレーニングアイテムがあります。

それは、

「MONOBUN®/モノブン」

です。

「MONOBUN®」は「ただ振るだけ」、「ただ爆風音を鳴らすように練習するだけ」で打者にとって必要な動作を手に入れることができます。

集中することは、「どうやったら爆風音を鳴らすことができるのか」ということを自分で試行錯誤することです。

「MONOBUN振ってたら良くなっちゃった」ということを実現することができます。

バッティングの動作を、一つずつ意識して練習をするのは非常に困難なことです。

できる限り、意識することを減らして、良くなるような方法が一番の近道です。

「MONOBUN®」なら意識することはただ一つ。

あなたにしかできない、今のあなたにあったスイングで「爆風音」を鳴らせばすべてが解決していきます。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

つまり、「MONOBUN®」をスイングして、「爆風音」を鳴らすことができれば、そのスイングは本日の記事で記した「待ち方」を実現しています。

そしてそのスイングは、その人の、その瞬間の身体にあった形でスイングを実現してくれます(実際の鳴らし方は十人十色)。

ちなみに「MONOBUN®」は筋肉ムキムキだからといって「爆風音」を鳴らすことができません。

体のバランスが良い状態でスイングすることができれば爆風音がなるのです。

打球は力を込めても飛ぶことはありません。

それは選手である皆さんが一番よくわかっているはずです。

「ホームラン」を打った時、バットが抜けるように「スパッ」と振り切れると思いますが、力を込めている感覚はありません。

これは打ったことがある人であれば、必ず覚えている感覚ではないでしょうか。

そんな感覚を思い出させて、さらに定期的にチェックできるトレーニングアイテムが「MONOBUN®」です。

効率的な動きは、人それぞれ身体の構造が違うため、一つの形がないと言われ続けています。

そのため、ある人がやった成功法が、他の人に当てはまらず、目指すべきところがわかりませんでした。

しかし、それが「MONOBUN®」で解決されてしまいます。

その分細かな具体的方法がないため、自分で創意工夫する必要があります。

一度、手に入れたスイングも、成長(衰退)と共に効果的でなくなる時があります。

そんな時にも「MONOBUN®」を使って再検証してみれば、また新たなコツをつかむハズです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

「MONOBUN®」が実現してくれる詳細なバッティング理論については、書籍にまとめてあるのでぜひこの機会にご覧ください(下記画像より詳細をご確認ください)。

そしてとうとう「MONOBUN®」の発売日が決定致しました!

2016年6月1日に4.480円(税別)で発売致します!

「MONOBUN®」は現在大枠の開発が完成しているので一部の方に情報をお伝えしたり、モニター実施をしたところ、大反響を頂いており、初回製造分の予約が埋まってきております。

製造に手作業の特殊な工程があるため(特許出願中)生産量に限りがでてしまうため、予約注文をしておきたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

「MONOBUN®」の詳細については、順次お知らせしていくのでご期待ください。

▽『テイクバック不要論【理論編】』の詳細はコチラ▽

non-takeback-r_660-343

 

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

技術がないから試合に出られないわけではない

2016年12月10日

大半の野球選手は本気で上手くなりたいと思っていない

2017年10月3日

野球が上達する選手は質問もうまい ~あなたは何のためにそれを聞くのか~

2016年5月4日

バッティングはフルスイングを辞めれるとヒットの確率が下がっていく

2016年7月7日

バッティング練習をする前に野球人生の短さを知ろう。

2017年5月18日

野球の守備が上手くなりたければ、バッティングカウントを知れ

2016年12月22日