野球選手がボールに打ち負けないために必要なこと

野球選手がボールに打ち負けてしまう理由

野球選手の方でこのような経験がありませんか?

・芯でとらえた打球が野手の正面にいく

・ポール際でファールになってしまう

・フェンスの手前でフライアウトになる

いわゆる、ボールに打ち負けてしまっている状態です。

これらの原因はなんだと思いますか。

一般的には、「筋力がない」と思われています。

しかし、実は「筋力」に関係はありません。

何が原因かと言うと、

自分のスイングができていない

からボールの勢いにスイングが負けてしまっています。

反対に、自分のスイングができた場合に、同じような状況を想定してみると

・ボテゴロでも野手の間を抜けていく

・ポテンヒットとなる

・ファールになりそうな打球がポールを巻くようにホームランとなる

という結果になります。

まさに、紙一重の所で「アウト」か「ヒット」や「ホームラン」になっているということです。

野球選手がボールに打ち負けないために必要なこと

「芯」で捉えようが、詰まろうが、結局は自分のスイングがしっかりできてボールに打ち負けることがなければ、不思議と野手の間にボールが行くようになっています。

それではどうやって、自分のスイングをするのかが次の問題になってきます。

しかしその答えは簡単です。

自分のスイングをするためには、

自分のテリトリーでバットを振る

ということです。

ボールを迎えに行ったりしないということです。

自分のテリトリーでさえスイングできれば、「自分のスイング」というものが常にできます。

もう一点付け加えるのであれば、「自分のスイング」を実現した時に、可能な限りエネルギーが分散することなく、インパクトの瞬間に100%の力を集約できるかがポイントになってきます。

力はいれた瞬間がもっとも強く、徐々に強くなっていくものではありません。

ボールに打ち負けてしまう原因は何なのか、そして自分のスイングをした時に如何に力を分散させることなくスイングができるのかを、自分で検証してみましょう。

ボールに打ち負けないためのスイングのトレーニング方法

とはいえ、自分本来のスイングをしながら、インパクトに100%の力を伝えるようなバッティングフォームを手に入れるトレーニングは存在しています。

それは

「MONOBUN®」を活用したトレーニング方法

です。

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

つまり、「MONOBUN®」をスイングして、「爆風音」を鳴らすことができれば、そのスイングは「ホームラン」を打つためのスイングに他なりません。

後は、インパクト時にボールのどの位置に当てるかで「飛距離」と「弾道」に変化をつけます。

そしてそのスイングは、その人の、その瞬間の身体にあったスイングを実現することができます(実際の鳴らし方は十人十色)。

ちなみに「MONOBUN®」は筋肉ムキムキだからといって「爆風音」を鳴らすことができません。

体のバランスが良い状態でスイングすることができれば爆風音がなるのです。

打球は力を込めても飛ぶことはありません。

それは選手である皆さんが一番よくわかっているはずです。

「ホームラン」を打った時、バットが抜けるように「スパッ」と振り切れると思いますが、力を込めている感覚はありません。

これは打ったことがある人であれば、必ず覚えている感覚ではないでしょうか。

そんな感覚を思い出させて、さらに定期的にチェックできるトレーニングアイテムが「MONOBUN®」です。

効率的な動きは、人それぞれ身体の構造が違うため、一つの形がないと言われ続けています。

そのため、ある人がやった成功法が、他の人に当てはまらず、目指すべきところがわかりませんでした。

しかし、それが「MONOBUN®」で解決されてしまいます。

その分細かな具体的方法がないため、自分で創意工夫する必要があります。

一度、手に入れたスイングも、成長(衰退)と共に効果的でなくなる時があります。

そんな時にも「MONOBUN®」を使って再検証してみれば、また新たなコツをつかむハズです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

「MONOBUN®」が実現してくれる詳細なバッティング理論については、書籍にまとめてあるのでぜひこの機会にご覧ください(下記画像より詳細をご確認ください)。

「MONOBUN®」は現在大枠の開発が完成しているので一部の方に情報をお伝えしたり、モニター実施をしたところ、大反響を頂いており、初回製造分の予約が埋まってきております。

製造に手作業の特殊な工程があるため(特許出願中)生産量に限りがでてしまうため、予約注文をしておきたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

▽『テイクバック不要論【理論編】』の詳細はコチラ▽

non-takeback-r_660-343

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

今やっているトレーニングは本当に野球のためですか?

2017年3月21日

ダウンスイングをすることのデメリットを考えていますか?

2016年12月15日

最も効率的にバッティングを良くする方法とは? ~バッティング練習で一番注意すべきこと~

2016年2月29日

テイクバックをとらないとは?? ~打てない原因はテイクバックをとるから~

2016年1月14日

野球選手に必要な休養の取り方について考えてみましょう。

2017年1月3日

手首の痛みに悩む野球選手へ~TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)とは

2017年4月3日