技術向上

野球選手は 太っている方がいいの? 痩せている方がいいの?

野球選手に体型は関係あるのか

野球選手は太っている方がいいのか?痩せている方がいいのか?ということを考えたことってありますか?

太っているよりは痩せている方がいいだろうと思うことが多いのではないでしょうか。

その背景には、

 

・動きが鈍くなりそう

・腰が回りにくそう

・足が遅そう

 

といったことが太っているデメリットにうつってしまうからでしょうか。

しかし、結論からいってしまうと、

 

太っていても痩せていてもどちらでもいい

 

です。

太っていても動ける人はいますし、痩せてても動けない人もいます。まさにジャイアンとのび太は現実でもいます。

腰が回るか否かも同じで、足が速い遅いも同じです。

痩せてても遅い人もいます。

単純にイメージだけの問題で判断しがちですが、体型がどうのこうのというのは考える必要がありません。

とはいうものの・・・

「道具は使いよう」と言われるのと同様で、体型や特性によって、ポジションや打順を適材適所で変えていけば問題ありません。

とは言うものの、上級の野球選手を目指しているのならば、選手が頑張らなくてはならないのは必然です。

太っていて足が遅いのであれば、速くする努力は必要です。

腰が回りにくいないなら回るような方法を考えるか、体重を落とすことが必要です。

前後左右の動きがにぶければ、動けるような工夫をしたり、グラブさばきを上達させる必要があります。

太っていることを言い訳にするのであれば、そのメリットを伸ばすことに時間を費やすか、やせるかのどちらかです。

一番考えて欲しいこと

ここで絶対に間違ってはいけないことは、

 

筋肉があれば足が速くなる、腰が回るとか、動けるようになるとかいう考え方をすること

 

 

です。

動けるようにするには、動きやすくなる練習をすること、足が遅ければ、何かに引っ張ってもらって物理的に足の回転を上げることなどを練習が必要があります。

決して筋肉が野球選手としてのパフォーマンスを向上させるわけではありません。

筋肉は結果論ついてしまうものです。

本日の記事の結論を言うと、どんな体型でも適材適所があればどっちでもいいということです。

ただ、その体型によって、コンプレックスがある、またはその体型が原因でパフォーマンスが出せないということであれば、それらを改善する努力が必要でしょう。

太っているからダメ、痩せているからダメと言って、決めつけてしまうとそこで思考は停止してしまっています。

決めつけることはいつでもできます。

簡単に決めつけるのではなく、現時点での突破口を見つけていくことが大切です。

この考え方を身に着ければ、体型だけではなく、すべての練習に応用できるようになるのでおススメです。

技術向上の関連記事

Contents Menu

筋トレがもたらす負の効果を知っていますか? ~野手の故障No.1「肉離れ」の正体~
野球選手はトレーニングをする前に腹筋・背筋がなぜ大切なのか考えよう
バッティング上達の肝は目で見たものを信じないこと
ホームランを打つ練習ってなぜしないの? ~ホームランの打ち方~
バッティングは準備段階で8割勝負が決まっている?!
バッティングは「静」から「動」への「動作」を実現すること

最新記事のチェックにフォローしよう