技術向上

ワンバウンドを振ってしまわないために必要なこと

ワンバウンドを振ってしまわないために必要なこと

ワンボール、ツーストライクというバッター不利なカウントや、スリーボール、ツーストライク、というような投手と、打者の立場が五分五分のカウントの時によく起きることがあります。

それは

投手が投げるワンバウンドのボールを振ってしまうこと

です。

テレビなど見ていてもよく見る光景です。

特に高校野球などでは非常に多く、とんでもないワンバウンドをスイングして三振するケースも少なくはありません。

客観的な立場で見ていれば、なぜそんなボールを振ってしまうのか・・・と思うようなボールです。

では、グラウンドに一緒にいてその選手に声をかけられる立場にあったとしたら、あなたはどのような声をかけるでしょうか。

おそらく

ボールをよく見て振れ

といったことを言わないでしょうか?

もしこんな声をかけているとしたら、ハッキリ言って逆効果です。

ワンバウンドもするようなボールを振ってしまうことを防ぐのに、ボールをよく見るとか見ないとか関係ありません。

まず間違っても動体視力なんて関係ありません。

では、一体何が原因でワンバウンドのボールを振ってしまっているのでしょうか。

ワンバウンドのボールを振ってしまわないようにするためには、まず何故振ってしまっているのかを理解しましょう。

>次のページ:ワンバウンドのボールを振ってしまう理由

技術向上の関連記事

Contents Menu

今すぐレギュラーになりたきゃDNAのスイッチをONにしろ!
わざとゴロを打てるような優秀な打者のバッティングの考え方
甲子園を目指す高校野球が野球選手としての未来をつぶす
バッティングは「静」から「動」への「動作」を実現すること
フルスイングをするのは難しい ~あなたは本当にフルスイングしてる?~
野球選手に横隔膜が重要な理由

最新記事のチェックにフォローしよう