技術向上

バッティングで大事と言われている手は逆の方が大事だという事実

バッティングに大切なこと

では「バッティング」を上達させようとする時に何を考えて練習すればいいのでしょうか。

それは、

自分の身体全体の力をロスすることなくインパクトの瞬間に100%を伝えること

です。

人間は何かの「動作」をする時、必ずたくさんの関節や筋肉、骨、神経を活用して動いています。

そんな時に各部のエネルギーが伝達されているわけですが、伝え方が悪いと伝達の過程で力をロスしてしまっています。

反対にその伝達がスムーズにいけば、一つの「筋肉」だけでは到底生み出せないようなエネルギーを発揮することができます。

「takebat.com」が「筋トレ」をおススメしない理由は、この伝達を妨げる行為になるためです(『野球選手に筋トレはいらない理由まとめ ~あなたは筋トレで何をやりたいのか~』)。

しかし、ここで一つ問題が発生します。

それは、

身体の効率的な使い方は人それぞれであること

です。

人間の身体というのは、外見上は似通っていても、各部を詳細に見ていけば全くの別人です。

さらに、昨日の自分と今日の自分というレベルでさえ別人と言っていいほど異なります。

そんな人間の「効率的な使い方」なんてバラバラすぎで指導のしようもありません。

>次のページ:自分の身体を効率的に使ってインパクトの瞬間に100%の力を伝えるためのトレーニング方法

技術向上の関連記事

Contents Menu

打者が打球を遠くにとばすために必要なこと
ゴロは前に出た方が捕りやすいのは本当なのか
リスト(手首)を鍛えてもバッティングは良くならない
誰にとっても必要な構え方とは? ~打者にとって一番いい構え方について~
体幹から力を伝えたバッティングって何?
変化球の打ち方は2種類しかない

最新記事のチェックにフォローしよう