技術向上

バッティングで大事と言われている手は逆の方が大事だという事実

バッティングの時に両方の手が大事は大前提

突然ですが、質問です。今回の記事では右バッターの前提で記していきますので、左バッターの方は反対で考えて読んでください。

バッティングする上で大事な手はどっちですか?

まず、考えたことはありますか?

意外と手を使って打っているのにも関わらず、あまり考えたこともない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

丁度いい機会なので一度考えてみてください。

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

どうですか?

答えを言ってしまいます。

誰にも、一部の否定の余地もない回答です。

それは、

両手

かなりの大ブーイングが起きそうですが(笑)、これは当たり前のことです。

いらいないなら片手で打っていますよね。

しかし、ここで取り上げたいことは、そういう大前提ではなく、よくヘッドに近い側の手、つまり左手が大事(右打者前提)といわれるケースが多い点に関してお伝えしたいことがあったから記しました。

>次のページ:バッティングには左手より右手

技術向上の関連記事

Contents Menu

マスコットバットを振るとスイングスピードが落ちる
バッティングを良くしたいなら練習時間を減らすこと
甲子園ベスト4を果たした野球強豪校のエースに訪れた不幸な結末
身体全体を使ったバッティングをするために必要なこと
活躍している野球選手の真似をするのは無意味
【取扱注意】確実に試合にでる小悪魔的手法

最新記事のチェックにフォローしよう