技術向上

バッティングで大事と言われている手は逆の方が大事だという事実

バッティングの時に両方の手が大事は大前提

突然ですが、質問です。今回の記事では右バッターの前提で記していきますので、左バッターの方は反対で考えて読んでください。

バッティングする上で大事な手はどっちですか?

まず、考えたことはありますか?

意外と手を使って打っているのにも関わらず、あまり考えたこともない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

丁度いい機会なので一度考えてみてください。

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

どうですか?

答えを言ってしまいます。

誰にも、一部の否定の余地もない回答です。

それは、

両手

かなりの大ブーイングが起きそうですが(笑)、これは当たり前のことです。

いらいないなら片手で打っていますよね。

しかし、ここで取り上げたいことは、そういう大前提ではなく、よくヘッドに近い側の手、つまり左手が大事(右打者前提)といわれるケースが多い点に関してお伝えしたいことがあったから記しました。

>次のページ:バッティングには左手より右手

技術向上の関連記事

Contents Menu

打者の役割を説明できない人は一流にはなれない
体幹から力を伝えたバッティングって何?
バッティングフォームは作ろうとしてはいけません。
野球選手に足りないモノ ~野球はマイナースポーツだと理解すること~
トスバッティングが意味をなさない理由
方法は1つしかありません。 ~守備範囲を広げるたった1つの方法~

最新記事のチェックにフォローしよう