技術向上

バッティングで大事と言われている手は逆の方が大事だという事実

バッティングにおいて結局何が大事か

バッティングは右腕主体としてバックスイングは一切取らないことが技術向上の鍵です。昔の教えは頭から外してしまった方がいいです。

しかし、結局のところ、最初の質問「右手が大事か、左手が大事か」というのはどちらが大事なのでしょうか?

結局的なところ、今回の記事のポイントは

強い打球を打つために必要なことを考える

ということです。

ここでは、左手(ヘッドに近い側の手)が大事だというまとめではありますが、実現したいことはこの「強い打球を打つ」ことです。

そのためにベストな手の使い方や身体の使い方、はたまたメンタル面などといった情報を収集しながら自分で考えていくということが大切だということが伝われば幸いです。

次のページ:バッティングに大切なこと

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングの基本はゴロではない。
バッティングを良くするための体幹の使い方とは
筋トレが野球選手に必要ないと考えたことはありますか?
バッティングの結果は待ち方で決まる
アッパースイングもダウンスイングも実は同じ
動体視力を鍛えてもバッティングには意味がない??!

最新記事のチェックにフォローしよう