技術向上

野球の練習をしていないからといって下手になるわけではない

野球界の練習は進化できる要素がいくらでも存在しています。

なぜこのような環境がいつまでも野球界で続いているのか・・・と考え続けていた結果、一つの答えにいきついました。

それは、

野球選手は自分たちの練習内容を検証していないから

です。

検証するとは、具体的に練習をすることによって野球選手としてのパフォーマンスが向上しているかどうかです。

そしてそれはざっくりとした内容の検証ではなく、一つ一つの練習においての検証が必要です。

「素振り」という練習が本当に野球選手に必要なのか・・・といったレベルまでやらなければなりません。

すると本記事のタイトルである「練習をしないから下手ではない」という意味が理解できるのではないでしょうか。

また同時に、練習をするから上手いわけではないということも理解できるでしょう。

今回ご紹介した陸上選手の練習のハナシを、まったく別の競技のハナシだから関係ないと思うことは簡単です。

しかし、彼らもプロの世界で戦うアスリートです。

むしろ個人競技であることを考えればライバル(チーム)の数は野球の比ではありません。

野球選手として現役で戦える時間は短く一瞬です。

無駄な練習をしている暇はまったくありません。

失敗することは問題ありません。

しかし、失敗を失敗として受け入れられるようにも、検証し改善していくことを忘れないでください。

練習は増やすばかりが練習ではありません。

辞めるという選択をすることも大事な練習の一つだとご理解ください。

まだまだ野球選手の、野球界のノビシロはいくらでも存在しています。

技術向上の関連記事

Contents Menu

前を大きく振ろうとすればするほど、打球は前へと飛んで行かなくなります。
バッティングの苦手なコースへの対処法
バッティングする時に両足つま先体重なんてありえない
野球選手にとって効果的な筋肉の”つけかた”【打者編】
バッティングを良くしたいなら力の流れを考えろ。
投手心理をマルハダカにして投手を打ち崩せ!~第2話:試合前の投手心理~

最新記事のチェックにフォローしよう