技術向上

軸がぶれないバッティングとは何なのか

軸がぶれないバッティングとは何なのか

野球選手で、なおかつバッターであれば、誰もが「軸がぶれないスイング」を心がけてバッティングトレーニングを行っていると思います。

しかし、ここで質問です。

軸がぶれないとはどういうことでしょう?

野球界では「軸がぶれないバッティング」が良いとされていますが、「ぶれない」の定義が曖昧です。

そのため「軸がぶれないバッティング」をするための練習が曖昧なものになっています。

間違っても、「体幹が強い」、「腹筋や背筋が強い」、「下半身が強い」、「走り込みをたくさんできる」といった短絡的なものではないことに注意してください。

まずは「軸がぶれないバッティング」が定義されていないのに、ぶれないための要因をみても意味がありません。

では「軸がぶれないバッティング」とは何なのでしょうか。

こういったあいまいな言葉を知る時には、逆に「軸がぶれるバッティング」が何なのかを考えてみると見えてきます。

「軸がぶれたバッティング」とは

上半身と下半身に連動性がなく、身体における力の伝達が非効率なバッティングの状態

を指しています。

つまり「軸がぶれないバッティング」というのは「軸がぶれたバッティング」の真逆をやればいいことになります。

よって「軸がぶれないバッティング」とは、

上半身と下半身を連動させて力(エネルギー)を効率的に伝えるバッティング

のことです。

>次のページ:軸がぶれないバッティングをするために必要なこと

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングトレーニングをする前にバットを最短距離で出すの意味を知れ
野球選手は無駄だと言われる練習をする勇気が必要
バッティングの基本はゴロではない! ~「ゴロを打て」が選手をつぶしている事実~
バットを短くもっても本来の目的は達成されないって知ってた? ~根拠のないアドバイス代表~
野球選手のトレーニングで根本的に間違っていること
バッティングを良くしたいなら力の流れを考えろ。

最新記事のチェックにフォローしよう