技術向上

バッターがバッティング練習で反復練習をする意味

バッターがバッティング練習で反復練習をする意味

野球選手であれば、バットを握らない日はほとんどないでしょう。

プロやアマチュアレベルで投手をやっている人であれば、握らない日はあっても大半の野球選手はバットを持って何かをやっています。

投手に投げさせて行う特打、マシン打撃、ティーバッティング、素振り・・・など練習内容は様々です。

そして必ず、反復練習という形で同じ練習を繰り返しています。

何度も何度も同じ動作を繰り返し、自分の身体に動作を覚えこませようとします。

しかし、ここで反復練習を繰り返している野球選手に向けて確認したいことがあります。

それは、

反復練習する目的を理解しているか

ということです。

なぜ、何度も何度も同じ動作を繰り返しているのでしょうか。

仮に何も考えずに反復練習をしているのであれば、その練習は疲れるためにやってるのと変わらないので無意味です。

さらにそれが、失敗していた内容をできるようになるまで繰り返し練習しているのであれば弊害を生み出していることを知らなければなりません。

さて、野球選手は何のために繰り返し反復練習をしているのでしょうか。

反復練習の目的を知るためには、野球の試合において「ピッチャー」と「バッター」がどちらが有利かを考えていくと一つの答えが見えてきます。

>次のページ:野球はピッチャーの方が圧倒的に有利と気づいていますか?

技術向上の関連記事

Contents Menu

森友哉・中村剛也・落合博満選手のバッティングの共通点
バッティングでどんどんフライを打っていく野球界にしよう
野球選手に「腹筋」や「背筋」が必要な理由
野球の練習は修行ではありません。
フライを上げるのはそんなに悪いことではない ~目指せ4番でエース~
バッティングをする時に左脇を閉めろ・・・なんて大嘘。

最新記事のチェックにフォローしよう