技術向上

手首の強さと打球の強さは関係ない

手首が強ければ打球は力強く飛ぶのか?

野球の現場を見ていると、力強い打球を打つ選手を見て、「リストが強いな~・・・」なんて表現することが良くあります。

リストとは手首のことですが、手首が強いと投手のボールの勢いに打ち負けないような気が確かにします。

でも、これは本当のことなのか、考えてみたことはあるでしょうか?

タイトルからお察しの通り、

物理的に考えれば手首と打球の間には相関関係はない

という事実があります。

ボールが飛ぶか飛ばないのかは、

バットとボールがぶつかった時の強さ+ボールとバットの当たる角度+空気抵抗など

によって決まります。

つまり、要因の中に手首の強さは含まれません。

「手首が強いと打球がよく飛ぶ」と聞いて「肘」から「手首」の間の筋肉を、一生懸命に筋トレを行っている選手がたくさんいます。

ただそんな選手を見かける度に思うことがあります。

そんなことしていると結果が出ない上に怪我しちゃいますよ!

と。

>次のページ:筋肉には筋肉にあった働きがある

技術向上の関連記事

Contents Menu

「スイングをタテに振りながらヘッドを下げる」が打てるバッターの条件
「アッパースイング」も「ダウンスイング」も結局同じことって知ってました?
バッティングが上手くいかない時の最大の処方箋は練習を辞めること
試合に出る一番の近道 ~指導者が選手に分かってほしいこと~
バッティング上達の極意 ~直線の動きで螺旋の動きを実現する~
バッティングは回転を意識するよりも、直線を意識した方がいい理由

最新記事のチェックにフォローしよう