技術向上

野球選手に下半身の強さはいらない

野球選手に下半身の強さはいらない

野球選手にとって、あらゆるプレーで「下半身」がとても重要な役割をしています。

そして「下半身重要説」は昔から呪文のように繰り返し伝えられています。

しかし、だからと言って

「下半身が大切」だから「トレーニングが必要」で鍛えることが大切だということではない

ということを理解しているでしょうか。

冒頭のタイトルで勘違いを起こしている人がいらっしゃるかもしれないので、冒頭で説明を加えておきます。

下半身の強さは野球選手にとって重要ではあるものの、現在の野球界が考えるような下半身の強さは必要ありません。

つまり、

野球界が考える「下半身の強さ」の定義が間違っている

ということです。

現在の野球界では、

「下半身」が大切だから筋肉をつけて大きくしなければならない

と考えています。

その結果、日が暮れてもランニングを続け、本職であるマラソン選手から笑われ続けています。

「下半身」が大切だから「筋肉」をつければいいというわけではありません。

つまり、「下半身の強さが野球選手にとっていらいない」というのを正確な言葉で言い換えれば、

現在の野球選手が考えている「下半身の強さ」は野球選手にとって必要ない

と考えてください。

>次のページ:下半身が野球選手に大切な本当の理由

技術向上の関連記事

Contents Menu

野球選手は指導者が育てるのではなく自分で育つもの
ID野球って一般社会からすると何をいまさら・・・と言うハナシ
野球の練習はさぼった方が上手くなることを実は皆が知っている
野球選手が見た目をいくら真似をしても無意味な理由
バッティングは振るよりも押し出す感覚が大切
フライばかり打ち上げないための対処法

最新記事のチェックにフォローしよう