技術向上

野球選手に冷たくて甘いものは危険です。

野球選手に冷たくて甘いものは危険です。

野球選手は「冷たくて甘いもの」がどうしても飲みたくなってしまいます。

特に夏場は「冷たくて甘いもの」を欲している傾向にあり、冬場でも関係ない選手も多々います。

そんな「冷たくて甘いもの」の代表はスポーツドリンクなどの清涼飲料水などでしょう。

「冷たくて甘いもの」が野球選手にとって良くないのはなぜでしょうか。

それは

体の機能を大きく低下させてしうから

です。

機能とは、人間が生活をしていく上で必要な身体の働きのことです。

野球選手は、野球をする人である以前に人間です。

人間として健康でなければ高いパフォーマンスを発揮することなど到底かないません。

野球選手というのは健康な身体があって初めてパフォーマンスを示すことができます。

野球選手にとって身体は何よりも大切なものです。

そんな人間の身体の構造を知ることは、野球選手として成長する上で必要不可欠なことであるはずです。

しかし、人間の身体について野球選手が学ぶことがでいる環境は中々ありません。

この記事をきっかけに少しでも勉強してみましょう。

冷たくて甘いものは人間の機能を低下する

人間の身体は体温が下がると基本的に機能が低下してしまいます。

「冷たいもの」を摂取すると内臓の温度を下げます。

つまり、内臓の機能が低下します。

内臓の機能が低下すると、食欲が減退し、食事を摂取しても内臓の代謝が落ちているため、栄養の吸収力が低下しているため、適切な栄養摂取ができません。

大腸においては、水の吸収力が衰え、下痢になりやすくなるでしょう。

それに加えて、冷たく甘い飲み物というのは、糖分を感じにくくします。

つまり、常温で摂取するよりも多くの糖分を摂取してしまいます(これは常温にしたスポーツドリンクを飲んでみれば分かります)。

その結果、恒常性の維持をはかるために、喉が渇き、水を飲むように体が訴えかけます。

水分をとっているのに、さらなる水分を欲してしまう結果に陥ります。

これがまさに「スポーツドリンクは薄めて飲むべし」と言われる所以です。

そしてできることなら「常温」で摂取するようにしましょう。


現状の野球界では、ここに記した内容のような人間の「身体」、野球界では考えられない「常識」に関する知識を勉強できる場所がありません。

そこで「野球肩革命所」では「野球肩革命チームトレーナープロジェクト」を立ち上げることにしました。

「野球肩革命チームトレーナーPJ」では、社会人野球まで経験した「柔道整復師」の資格も持つトレーナーが、「出張治療」として身体の改善を行いながら、「怪我」・「故障」のリスクを下げる身体作り、さらには技術が向上する身体の使い方の指導までを「チーム単位」にて行っています。

一人では高額な「トレーナー」を雇うことが困難でも、「チーム単位」で行えば一人当たりは低料金で取り入れることができます。

本気でプロを目指し、本気でサポートしていきたいと考えるのであれば、早くからやればやるほど効果的です。

これからの野球選手は、身体の知識を持って、「疲労の回復」と「故障しない身体創り」を行えば自然と上達していきます。

お問合せはコチラより(問合せフォーム)。

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

これからのバッティングはバットを振らない
バッティングで前を大きく振ろうとしても無意味
スイングスピードが速いとバッティングがよくなるのか
バッティング上達の極意 ~直線の動きで螺旋の動きを実現する~
打者は春になるとスイングが鈍くなるって知ってた? ~冬場にやるトレーニングの無意味さ~
スイングしているとできる”マメ”について解説してみました。

最新記事のチェックにフォローしよう