技術向上

選球眼って何のこと? ~意外と知らない選球眼の正体~

選球眼の正体とは

「ボール球をつい振ってしまったり」、「ストライクなのに見逃してしまう」いったことはよくある話です。

こんな時には決まって、「選球眼をよくしろ」と言われます。

しかし、「選球眼」って何なのでしょうか?

目の視力の問題ではないことは分かると思いますが、決して視力がいいからといってボール球に手をださないわけでもなければ、見逃しをなくすことができるわけではありません。

インパクトの瞬間にボールとバットの当たる所を見ているイメージがありますが、その瞬間を抑えた目線を見ると、案外見ていない事実に気づきます。

あくまで最後の瞬間は、感覚的な所で捉えています。

当然、「動体視力」が良いからといって、「ボール球に手を出さなくなる」わけでもなく、「ストライクを見逃さなくなる」わけでもありません。

では、「視力」でも「動体視力」でもないのなら何なのでしょうか。

「選球眼」の正体とは、

自分の身体に近い所でボールを打てるかどうか

です。

それに合わせて、

始動からインパクトの瞬間までの時間をいかに短くできるか

です。

そのためには、日々「takebat.com」でお伝えしている「テイクバック不要論」や「リラックストリガーロック」を実現する必要があります。

これが選球眼の正体です。

選球眼を良くするって何のこと?

「選球眼をよくする」とは

「ボール」、「ストライク」の見分けをした上で、「バットに当たる確率」、「ヒットにする確率」、「ホームランにする確率」を高めることが目的

です。

ただただ、「ストライク」が「ボール」かを判断できるだけでは意味がありません。

そのため、選球眼を良くするために「ボールを振るな」「ストライクを振れ」などいくら言っても良くなることはありません。

本人はストライクを振ろうとしてボール球を振っていますし、ストライクを見逃すつもりはないのに見逃してしまっているのですから。

選球眼を良くするためのトレーニング方法とは

では、そんな「自分の身体に近い所でボールを打つ」ことを実現し、「始動からインパクトの瞬間までを可能な限り短くする」ためにはどのようなトレーニングをすればいいのでしょうか。

それは

「MONOBUN®」を活用したトレーニング方法

です。

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

つまり、「MONOBUN®」をスイングして、「爆風音」を鳴らすことができれば、そのスイングは「選球眼がよくなった状態」といっても過言ではありません。

そしてそのスイングは、その人の、その瞬間の身体にあったスイングを実現することができます(実際の鳴らし方は十人十色)。

ちなみに「MONOBUN®」は筋肉ムキムキだからといって「爆風音」を鳴らすことができません。

体のバランスが良い状態でスイングすることができれば爆風音がなるのです。

打球は力を込めても飛ぶことはありません。

それは選手である皆さんが一番よくわかっているはずです。

「ホームラン」を打った時、バットが抜けるように「スパッ」と振り切れると思いますが、力を込めている感覚はありません。

これは打ったことがある人であれば、必ず覚えている感覚ではないでしょうか。

そんな感覚を思い出させて、さらに定期的にチェックできるトレーニングアイテムが「MONOBUN®」です。

効率的な動きは、人それぞれ身体の構造が違うため、一つの形がないと言われ続けています。

そのため、ある人がやった成功法が、他の人に当てはまらず、目指すべきところがわかりませんでした。

しかし、それが「MONOBUN®」で解決されてしまいます。

その分細かな具体的方法がないため、自分で創意工夫する必要があります。

一度、手に入れたスイングも、成長(衰退)と共に効果的でなくなる時があります。

そんな時にも「MONOBUN®」を使って再検証してみれば、また新たなコツをつかむハズです。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングでボールを芯で捉えられない最大の原因
打者が相手投手の心理を盗み見る方法
野球の常識はスポーツの非常識part2/Kindle版【発売開始】
腕をしっかり振れば振るほど打球が飛ばなくなっていくという悲しい現実
野球選手に必要な筋肉を鍛える筋トレ方法
筒香嘉智選手のバッティングの秘密

最新記事のチェックにフォローしよう