技術向上

野球界に伝統的に残る無意味なアドバイス達

野球界に伝統的に残る無意味なアドバイス達

野球界には検証もあまりなされずに語り継がれていることがたくさんあります。

例えば、

・上から叩け
・とにかく走りこめ
・正面で捕れ
・ボールをよく見ろ
・前で離せ

などがあります。

これらが意味もないことは、現実を考えればすぐに分かります。

これらの言葉を真剣に実践し、結果にまでつながる選手が非常に少ないという事実です。

そして、結果が出なければさらにそれらの練習を強要されます。

さらに悪いことに、最後まで結果がでなかった場合は

「センスがなかった」、「運がなかった」、「素質がなかった」と片付けられてしまう

というのが野球界です。

センスがなかったと言う前に、上達するような方法論が提案されていません。

上記のアドバイスが適している人もいれば、適していない人もいます。

というよりむしろ、適していない人の方が多くなります。

それにも関わらず、

合わない人にも同じことを繰り返し強要するだけで、選手一人一人の素質に目を向けることなく多くの選手をつぶし続けている

という事実を無視しています。

上から「ボール」を叩けばミートする確率が下がることはすぐに分かります(『ダウンスイングの真実 ~上から叩くな、ゴロなんか狙うな~』)。

とにかく走り込んでも意味がなければ、野球選手に走り込みなんて必要ありません(『野球選手の基本は走り込み・・・は大嘘。』)。

正面で捕るのは、補給の確率を下げ、その後のスローイングにも悪影響を与えています(『ゴロをはじいてしまう理由 ~捕ろうとすればするほど、はじいてしまう~』)。

「ボール」は見れば見るほど「身体」が緊張してしまうため打てなくなります(『ボールをよく見たら打てない』)。

投手が「ボール」を前で離してもメリットがないばかりか故障のリスクを高めてしまいます(『前で離せば低いボールが投げられるなんて大嘘』)。

ここに記したのはほんの一例で、他にも山のように無意味な指導というのがあります。

野球界は、日本のスポーツ界的に考えれば歴史が存在しているため、年功序列的なモノがとりわけ残っている業界ではあります。

しかし、現在の野球人気が低迷していることを考えれば、根本的な所から考え直す必要があるということに気づかなければなりません。

頭の中を白紙に一度戻す覚悟で挑まなければ、野球界に変化はないでしょう。

「伝統」というのは「伝言ゲーム」をするものではありません。

自分で体感し、咀嚼した上で、次に伝えていかなければ何の意味もありません。

業界の常識を打ち破る個別のトレーニングアイテム「MONOBUN®」

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

 

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

バッティングの重心位置は前でも後ろでも構わない。
野球選手ががむしゃらに走ることは良いのか悪いのか
打者は「低め」と「高め」どっちの方がヒットになりやすい?
日本人の野球選手にかけているもの
テイクバックは必要ありません ~テイクバック不要論~
野球界は進化をやめている??!~思考停止状態続の関係者続出中~

最新記事のチェックにフォローしよう