技術向上

バッティングの重心位置なんてどこでも良い

バッティングの重心位置なんてどこでも良い

打者がスイングするときに重心は後ろと前とどっちにおくべきなのか、ということはよく議論されます。

実際には、後ろに残して打つ打者もいれば、前側の足に体重が乗り、後ろ側の足は浮くように打つ打者もいます。

では実際に、重心はどちらにおくのがいいのでしょうか?

答えから言ってしまいます。。。

それは、

選手の特性によって違う

それを言ってしまっていいのか、という話だと思いますがもう少しお付き合いください。

皆さん、分かっているはずなのに、現場では個々の特性というのは無視されています。

また、スイング時の写真や動画を見ただけで、「前側の足だ!後ろ側の足だ!」と考えることは、非常に危険でかつナンセンスな話です。

>次のページ:打者のバッティングの特性

技術向上の関連記事

Contents Menu

打球に飛距離を生み出すために考えなければいけないこと
テイクバック不要論を支える根幹のテクニック ~リラックストリガーロックの秘密~ /Kindle版 発売開始
バッティングの結果は待ち方で決まる
これからの野球界は”下剋上”の波が吹き荒れる?!
王貞治氏が真剣を使って練習していた理由の秘密 ~バッティング技術の本質が見えてくる~
バッティング練習をする前に野球人生の短さを知ろう。

最新記事のチェックにフォローしよう