技術向上

バッティングの重心位置なんてどこでも良い

バッティングの重心位置なんてどこでも良い

打者がスイングするときに重心は後ろと前とどっちにおくべきなのか、ということはよく議論されます。

実際には、後ろに残して打つ打者もいれば、前側の足に体重が乗り、後ろ側の足は浮くように打つ打者もいます。

では実際に、重心はどちらにおくのがいいのでしょうか?

答えから言ってしまいます。。。

それは、

選手の特性によって違う

それを言ってしまっていいのか、という話だと思いますがもう少しお付き合いください。

皆さん、分かっているはずなのに、現場では個々の特性というのは無視されています。

また、スイング時の写真や動画を見ただけで、「前側の足だ!後ろ側の足だ!」と考えることは、非常に危険でかつナンセンスな話です。

>次のページ:打者のバッティングの特性

技術向上の関連記事

Contents Menu

バットを短くもっても本来の目的は達成されないって知ってた? ~根拠のないアドバイス代表~
野球選手として上達したければ人体の矛盾を受け入れること
女子野球選手にこそ取り入れて欲しい練習法
体幹から力を伝えたバッティングって何?
野球選手がいくら短距離ダッシュをしてもキレは生まれない
バッターがやるべきこと

最新記事のチェックにフォローしよう