技術向上

バッティングの重心位置なんてどこでも良い

バッティングの重心位置なんてどこでも良い

打者がスイングするときに重心は後ろと前とどっちにおくべきなのか、ということはよく議論されます。

実際には、後ろに残して打つ打者もいれば、前側の足に体重が乗り、後ろ側の足は浮くように打つ打者もいます。

では実際に、重心はどちらにおくのがいいのでしょうか?

答えから言ってしまいます。。。

それは、

選手の特性によって違う

それを言ってしまっていいのか、という話だと思いますがもう少しお付き合いください。

皆さん、分かっているはずなのに、現場では個々の特性というのは無視されています。

また、スイング時の写真や動画を見ただけで、「前側の足だ!後ろ側の足だ!」と考えることは、非常に危険でかつナンセンスな話です。

>次のページ:打者のバッティングの特性

技術向上の関連記事

Contents Menu

山田哲人・清宮幸太郎選手のバッティングの共通点
明日からバッティングが変わる ~芯で捉える究極の裏技~
大会直前の「調整」練習に意味はありません ~大会にベストコンディションで挑む方法~
バッティングに必要な相手投手の癖の見抜き方
バッティングは振るよりも押し出す感覚が大切
野球界でよく言われるバッティングスイングのまとめはもう読んだ?

最新記事のチェックにフォローしよう