技術向上

女子野球選手に特有なバッティングに大切なこと

女子野球選手に特有なバッティングに大切なこと

女子野球選手は男子野球選手に比べしなやかな動きを得意としています。

しかしその反対に、「パワー」の部分でどうしても劣るため、「アグレッシブさ」は見劣りしてしまいます。

そのため、女子野球選手の方が、「バッティング」において、「打球の勢い」や「飛距離」が男子野球選手に比べ劣ってしまいます。

ただし悪いことばかりではありません。

「女子野球」は「男子野球」に比べて打球が緩くなるため、「三遊間」や「一二塁間」、「二遊間」に飛んだ打球に追いつきやすく、処理することが多くなるため、「ファインプレー」が起こりやすくなり男子顔負けの興奮を得ることができます。

 

最後まで打球を追う姿は見ていて熱が入り、とても盛り上がります。

そんな女子野球選手が「バッティング」する時に大切にすべきこととは何でしょうか。

打球が比較的遅くなるのであれば、反対に強い打球を打つことができればチャンスが広がるということを意味しています。

女子野球選手にとって最も意識すべきことは

投手が投げたボールに対して負けないようにリストを立てて振ること

です。

とは言え、決してリストを鍛えてはいけません。

リストの使い方を覚えることです。

リストを適切に立てれば筋力などなくても「ボール」の力に負けることはありません。

「ボール」の力に負けなければ、打ち負けないことを意味しているので打球は勢いよく飛んでいきます。

女子野球選手は、男子野球選手に比べると筋力は劣るものの、力任せで解決しようとしないため「体の使い方」を学びやすくなります。

効率的な体の使い方をマスターすると、怪我や故障のリスクが減りながらも「パフォーマンス」が向上するという好循環なサイクルを生み出すことができます。

「ボール」に打ち負けないリストの使い方をトレーニングする方法

それでは、「ボール」に打ち負けないようなリストの使い方を手に入れるにはどうしたらいいのでしょうか。

「takebat.com」をいつもご覧になって頂いている方は分かると思いますが、効率的な体の使い方は人それぞれ異なります(『体全体をフルに使ったバッティングって何のこと?』)。

人それぞれ、関節や骨格など異なった創りをしており一人として同じ人間は存在しません。

そのため、人それぞれの身体にあった「リスト」の使い方を指導しようにも確かな答えはなかったのが現実です(それでも型通りのフォームを教えようとする人がいますがそれは勝率のかなり低いギャンブルをしているようなものの)。

しかしこの度、そんな人それぞれの身体にあった効率的な身体(リスト)の使い方を手に入れるトレーニング方法ができました。

それは

「MONOBUN」を使ったトレーニングを取り入れること

で「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

「MONOBUN」は、その人の身体に適した効率的な身体(リスト)の使い方ができていないと「爆風音」を鳴らすことができません。

反対に言えば「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らすことができれば、効率的な身体(リスト)の使い方ができているということになります。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

 

技術向上の関連記事

Contents Menu

選球眼を良くするって何のこと? ~選球眼の正体とは~
バッティングでフルスイングするのは難しいって知っていますか?
もう無意味な練習はやめませんか?~スピードの速いバッティングマシン~
野球の練習をしていないからといって下手になるわけではない
女子野球選手に特有なバッティングに大切なこと
野球選手は練習に対する考え方を改めなければならない

最新記事のチェックにフォローしよう