技術向上

野球の練習量と勝敗は比例しない

闇雲に頑張る野球練習の無意味さ

練習をする前にやるべきことがあります。

「打てなかったボールはどんな球種・コース・スピードだったのか」、「どんな原因によって打てなかったのか」ということを、まずはひたすら「考え」、「悩む」必要があります。

この「考え」、「悩む」ことが大切で、ここからヒントが得られると、野球が好きであれば、自然と打ちたくなるものです。

しかし、この「考え」、「悩む」時間を取らずにバッティング練習をたくさんすることで「安心」を得ようとします。

その結果、次回も同じ過ちを繰り返してしまうのです。

このサイクルに入ってしまうと、打てなかったら「打ち込みをする」を繰り返すだけで結果は大して変わりません。

変化があった人はただ幸運だっただけでしょう。

>次のページ:闇雲にやる野球練習の無意味さはチーム単位でも言えること

技術向上の関連記事

Contents Menu

どんどんホームランを狙おう ~ホームランを狙うとスイングがシンプルになるという矛盾~
ダウンスイングでもレベルスイングでもどっちでもいい。
バッティングに必要なことはスイングスピードではない
ストレッチはいい加減にやった方が効果があるって知ってた?
試合に出る一番の近道 ~指導者が選手に分かってほしいこと~
元野球選手の大半に指導力がない理由

最新記事のチェックにフォローしよう