竹バット

チームバッティングに必要なこと ~打球を変幻自在に操る方法~

チームバッティングに必要なこと

打者は何も考えずにバットを振っていれば良いわけではありません。

「ホームラン」や「ヒット」を打つ練習を繰返していればいいとは限りません。

「ヒット」や「ホームラン」が、7割以上の確率で打てるのであれば問題ないかもしれません。

100%の確率で「ホームラン」や「ヒット」が打てるのであればその他の練習は不要だと言えます。

しかし、一流の打者でも3割だと言われる業界です。

つまりは、10回中7回は失敗するということです。

そのため、チームに貢献できるようなバッティングをして、チームを勝利に導かなければなりません。

チームに貢献できるようなバッティングとは、結論から言えば、ランナーをホームに返すためのバッティングです。

「送りバント」、「内野ゴロ」、「エンドラン」、「空振り」など様々な形でランナーを進塁させるために努力をします。

こんな時ならあなたはどんなチームバッティングをするのか

ケーススタディで考えてみましょう。

1アウトでランナー2塁の場面です。1ヒットで1点取れる可能性のある場面です。

しかし、打者であるあなたは、あまり調子よくはありません。

案の定2ストライク1ボールに追い込まれてしまいました。

さて、そんな時にあなたならどうしますか?

カウント的には完全に投手有利な状態なので、あまいボールが来る可能性はかなり低いでしょう。

しかし、簡単に三振するわけにもいきません。

かといって追い込まれているため、そんな時にバントは考えられません。

となると考えられるのは進塁打です。

ライト方面へのゴロを打つことがベストに近い選択肢でしょう。

当然ここで記したのは一般論で、その選手の得意分野で勝負をすべきです。

しかし、自分でライト方面へのゴロを自在に打つことができる打者は、「ヒット」になる可能性もでてくるため優秀な打者だと言えるでしょう。

打球を変幻自在に操る方法

では、様々な場面に合わせて、打球の方向などを変幻自在に操るためのポイントは何でしょうか。

それは、

「自分のテリトリーにボールを呼び込むこと」と「自分のスイング」をすること

です。

「自分のテリトリー」とは「ボール」を可能な限り引きつけて打つことです。

では、「自分のテリトリー」にボールを呼び込み、「自分のスイング」をするために必要なトレーニング方法とはあるのでしょうか。

それは、

「MONOBUN®」を使ったトレーニング

を行えば得られる効果です。

「自分のスイング」を実現し、「効果的なスイング」を実現する可能性を高めてくれるのが「MONOBUN®」です。

打球を変幻自在に操りたいのであれば、「MONOBUN®」で「爆風音」を鳴らすことに意識をおき、手に入れたバッティングフォームで実際の「ボール」を打つ練習をしましょう。

方向はコントロールしたければ、「ヘソ」を打球の方向性に向けることを意識し、打球の角度を変えたければ、「ボール」に対して「バット」の当てる位置を変えるだけです。

「ゴロ」を打ちたいからといって「ダウンスイング」をしてみたり、「フライ」を打ちたいから「アッパースイング」をするというような考え方は決して持たないでくださいね。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

もっと詳細な内容を確認したい方は、「MONOBUN®完全マニュアル」を無料にて公開しているので下記画像よりご確認ください。

▼「MONOBUN®完全マニュアル」▼

headerimg_monobun-manual_660

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

「MONOBUN®」の発売日は2016年6月1日に4.480円(税別)で発売致します!

◆全長:1.040mm
◆重さ:170g±10g
◆グリップ径:27mm
※スイングを矯正するためのトレーニングアイテムです
※実際にボールを打つ商品ではありません
※子どもから大人まで扱い頂くことが可能です

「MONOBUN®」は現在大枠の開発が完成しており、一部の方にモニター実施をしたところ、大反響を頂いており、初回製造分の予約が埋まってきています。

製造に手作業の特殊な工程があるため(特許出願中)生産量に限りがでてしまうため、予約注文をしておきたい方は以下の項目を弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

■名前:
■フリガナ:
■年齢:
■連絡先(TEL):
■連絡先(Mail):
■本数:
■備考・質問:

「MONOBUN®」の詳細については、順次お知らせしていくのでご期待ください。

▼「MONOBUN®完全マニュアル」▼

headerimg_monobun-manual_660

 

竹バットの関連記事

Contents Menu

竹バットのイイところを知ってますか? ~竹バットは技術を身に着けたい人のためのバット~
ホームランは練習して打つもの
takebat.com1週間まとめ記事(2016年3月14日~3月20日ver.)
炭化竹バット「無料モニター抽選会」キャンペーン【本日最終日】
MONOBUNを使い始める時期は早ければ早いほど効果が大きい
女子野球のバッティングは男子選手とは違うって知ってた?

最新記事のチェックにフォローしよう