打てない原因はテイクバックをとるから ~野球の常識はスポーツの非常識~

打者が絶対にやってはいけない動作

野球界には定説的に信じられていることがたくさんあります。

その中でも、今回とりあげたいものは、

テイクバック

です。

バックスイングやヒッチなどと呼ばれたりもしています。

そしてこれは野球を長くやっているほど衝撃の事実化もしれませんが、打者がヒットやホームランを量産するためには、

「テイクバック」は絶対やってはいけません。 

テイクバックを行うとなかなか打てません。

どうしてテイクバックをしていると打てないのか、解説していきたいと思います。

>次のページ:テイクバックをやらない方がいい理由

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

打者の故障は成長するチャンス?! ~打者がバッティング時に注意する故障~

2016年4月10日

バッティングにおいて隙のない構え方ってどんな構え方?

2016年11月13日

バッティングは準備段階で8割勝負が決まっている?!

2016年7月6日

野球選手がいくら短距離ダッシュをしてもキレは生まれない

2017年7月2日

バッティング練習をする前にトレーニングの本質を考えましょう。

2017年4月20日

本当に野球が上手くなりたいと思ってトレーニングをしていますか?

2016年11月23日