マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実

ネクストバッターズサークルの謎

ネクストバッターズサークルで重いバット、いわゆるマスコットバットと言われるバットを使用して、スイングしている人をよく見かけます。

これっていつからやるようになったのでしょうか?

意外と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、歴史は浅く、ここ10年ほどの歴史です。

そして、こちらは衝撃の事実かもしれません・・・

なんと

 

マスコットバットを使用するとスイングスピードが遅くなる

 

ことが判明してきました。

だいたいの方は、重いバットでスイングしておいて、感覚的に軽いバットを使用することで、スイングスピードを上昇させている気になっているかもしれません。

しかし、実は逆の現象が起きているなんて・・・

本日の記事では、この謎について解説していきたいと思います。

筋肉は動きを記憶する?!

この謎を解くには、筋肉の観点から考える必要があります。

重いバットでスイングした後に、軽いバットを使用すると、軽く感じるのは確かです。

しかし問題になるのは

 

動きを筋肉が記憶してしまうこと

 

 

です。

つまり重いバットを使用すると、遅い動きを記憶することになるので、スイングスピードは遅くなります。

では、勘の言い方はお気づきになったかもしれませんが、実はネクストバッターズサークルでやると面白いことがあります。

動きで筋肉が錯覚を起こすことを利用して

 

軽いバットをネクストバッターズサークルで使う

 

ことです。

試合用のバットより軽いバットでスイングすると、バット自体は重さを感じることになるかもしれませんが、バットスイング自体は速くなります。

これらのことが科学的にもわかっているにもかかわらず、マスコットバットを置く理由は、はっきり言って謎です。

スイングスピードとバッティングの関係性

確かにスイングスピードは全てではありませんが、遅いのと速いのはどちらがいいのかと考えた時、速いほうがいいに決まっています。

バッティングはタイミングよくボールにバットを当てることですが、スイングスピードが速ければ、ボールとの反発も強くなるわけですので、ボールの飛距離が伸びるメリットがあります。

ネクストバッターズサークルには、軽めのバットを置くことをお勧めします!

マスコットバットのような形で実は試合用バットよりも軽いバットをおいて、打席に入る前に最終調整ができるととても良いですね!

重いバットを振って打席に入ると、意識はボールをとらえたと思っても、スイングスピードが遅いばかりにファールになってしまったりということにもなりかねません。

できる限り試合のバットのみで行ったほうが、ファールやファールチップとなる確率は下がるとは思いますが、なかなかそうはいかないと思いますので、なんらかの対策は講じたほうがよろしいかと思います。

ネクストバッターサークルは打席に入る前の最終準備段階ですので、きっちり結果が出せるように適切な方法をお考えください。

 

バッティングとスイングスピードの関係について詳しく知りたい方はコチラ

⇒『スイングスピードを求めると打てない??!~脱スイングスピード宣言~

takebat_article039

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

賞賛されても野球の勝負で勝てるとは限らない

2017年11月2日

テイクバック不要論を支える根幹のテクニック ~リラックストリガーロックの秘密~ /Kindle版 発売開始

2016年4月15日

今やっているトレーニングは本当に野球のためですか?

2017年3月21日

「スイングをタテに振りながらヘッドを下げる」が打てるバッターの条件

2015年12月1日

上手くなりたければバットは振ってはいけない

2016年9月17日

バックネットに飛ぶファールに意味なんてない

2016年9月3日