金属バットでは技術はつかない ~木製バットで本物の足腰を手に入れる~

金属バットは腕っ節のみでも打てる

いつも閲覧して頂きありがとうございます! 閲覧者の多くは高校生以下の方が多いと思います。(または高校生以下のお子さんをもつ保護者の方々)

本日の記事は「金属バット」を普段から使用している方が対象になるものですので、普段から木製を使用されている方は、確認程度にお願い致します。

高校生以下のバッティング練習を見ていて、いつも思うことがあります。というか自分の高校時代を振り返っても思うことなんですが。

それは、

 

バッティング技術の向上をしたいのなら、また、プロ野球選手のように野球を職業とするようなレベルまで本当に行きたいのなら、木製バットでの練習で下半身の使い方を勉強するべき

 

ということです。

木製バットは金属バットに比べ飛距離が出にくいとされています。

それは、しっかり芯でとらえ、力を上手く伝えられない時の話です。

この効率的な力の伝達は、金属バット使用時においても大切なことであり、木製バットによってしっかり打てるのであれば、金属バットであればさらに飛距離が出るという解釈になります。

反対に金属バットというのは腕っぷしが強ければ、それにあわせて比較的容易に飛距離が伸びていきます。

では、木製バットで練習することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

木製バットで打つには下半身を使う

木製バットでの練習の何が一番の目的かというと、下半身の使い方を学ぶことにあります。

下半身がしっかり安定した状態で、その力を上半身にうまく伝えることにより、バットスイングの軌道の安定、ヘッドスピードの向上の結果、トルクが上昇し、飛距離、打球スピードが上昇します。

ある高校出身のプロ野球選手には統一性があり、ブンブン思い切り振りまくります!

かといって下半身がぶれているかというとそんなことはありません。どっしりとしているからブンブン振れるのです。

それにあわせて打球も飛び、打球の球足も速いのです。

これは走り込みをしたから・・・筋トレをしたから・・・ということで下半身が強くなって、どっしりしたのではありません。

普段からブンブン振ることで、体のバランスがぶれていくのを『体が自然に』調整しようとして養った本物の下半身の強さの事です。

筋力があるとか、脚力があるとかいう表面上の薄っぺらの強さではないということです!

下半身の力というのは投手においても同様です。

走り込みを人の何倍もしたからといって安定した投球ができているのかとそれは100%ではありません。

 

今すぐ走り込みをやめましょう~投手に足腰の強さはいらない~

 

どうしたら本物の下半身の強さが得られるのかということをわかりやすく証明してくれているのがる高校出身のプロ野球選手だと思います。

練習をもっと効率的かつ合理的に行うにあたって、ただ闇雲に走る、トレーニングする、のではなく、プレーに直結したトレーニング、やり方を模索し実践し、結果を出すことがこれからの野球界に必要なことだと思います。

 

◆木製バットは高くて使えないって方におススメのバット

木村一喜氏1

 

◆ただ今、クリスマスキャンペーンで52%OFFの4.000円で手に入る!

banner_christmas_2

 

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

山田哲人・清宮幸太郎選手のバッティングの共通点

2016年7月23日

簡単にバットの芯で捉えられるようになる裏技

2016年8月27日

打者はコツコツ何を目指してやればいいの? ~打者が目指すところ~

2016年4月21日

野球の基本は「走り込み」なんて大嘘です。

2016年12月8日

野球が上達したいなら罰ゲーム的な練習を排除せよ。

2017年7月21日

打者のバッティングのボールの待ち方

2017年4月15日