バッティングで大事と言われている手は逆の方が大事だという事実

バッティングにおいて結局何が大事か

バッティングは右腕主体としてバックスイングは一切取らないことが技術向上の鍵です。昔の教えは頭から外してしまった方がいいです。

しかし、結局のところ、最初の質問「右手が大事か、左手が大事か」というのはどちらが大事なのでしょうか?

結局的なところ、今回の記事のポイントは

強い打球を打つために必要なことを考える

ということです。

ここでは、左手(ヘッドに近い側の手)が大事だというまとめではありますが、実現したいことはこの「強い打球を打つ」ことです。

そのためにベストな手の使い方や身体の使い方、はたまたメンタル面などといった情報を収集しながら自分で考えていくということが大切だということが伝われば幸いです。

次のページ:バッティングに大切なこと

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

筋トレをするその前に ~遠くに打球を飛ばすために筋トレが意味をなさない理由~

2016年2月10日

『野球の常識はスポーツの非常識』が無料で読めるチャンス! ※2日間限定

2016年8月30日

打者のデットボールにアイシングは必要なのか

2017年4月11日

真似は意味がありません~最適な打撃フォームの見つけ方~

2015年12月2日

坂本勇人選手と糸井嘉男選手のバッティングの共通点

2016年8月1日

バッティングする時にボールを軽く感じさせる方法

2017年2月20日