野球選手が見た目をいくら真似をしても無意味な理由

野球選手が見た目をいくら真似をしても無意味な理由

野球選手を始めとしたスポーツ選手は、技術力を高めていく過程で一流選手の真似をするように指導されます。

しかし結論から言えば、野球選手はいくら見た目や人の真似をしても意味はありません。

とくに、過去の自分の良かった時の映像や画像を元に見た目の形を元に戻そうとすることにはもっと意味がありません。

稀にそれらで上手くいく選手も現れると思いますが、確率論で言えば非常に低い可能性をおっかけていくことになります。

人間は一見では同じように見えても、一人一人異なった身体をしています。

そのため、

ある人が作り上げた成功の目に見える形を実現したところで、同様の結果が他の人にも現れる確率は非常に低い

ということです。

真似をするのであれば、それらの選手の考え方でしょう。

一流の結果を残す選手は、

自分で考え、自分で選択し、自分で検証しながら自分で改善を加える

ということを常に続けています。

成功だけが目立つかもしれませんが、その成功の裏には成功以上の失敗をたくさんしています。

見た目を真似するという行為は、皮肉にもその選手がやっていることとは真逆の状態を創っています。

また優秀なアスリートであればあるほど、過去の形を振り返ることはありません。

なぜなら、

現在の自分と過去の自分が大きく異なっていることを知っているから

です。

>次のページ:野球選手は過去の自分を追いかけても何もならない

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球選手は 太っている方がいいの? 痩せている方がいいの?

2016年1月18日

野球選手は主張が足りない

2017年4月4日

打者はコツコツ何を目指してやればいいの? ~打者が目指すところ~

2016年4月21日

バッティングの極意は薪割にあった! ~薪割を練習にとりれるススメ~

2015年12月27日

野球選手は指導者が育てるのではなく自分で育つもの

2017年10月16日

野球のバッティングに「タメ」は必要なのか

2017年4月28日