野球が上手くなるための練習は同時に下手になるリスクが伴う

野球が上手くなるための練習は同時に下手になるリスクが伴う

野球への関わり方はたくさんあります。

プロ野球を目指している人、メジャーリーガーを目指している人、監督やコーチとして選手の成長を望んでいる人、運動の一環として行っている人など様々です。

とはいえ大半の野球関係者は、小さな頃から野球のことが大好きで、いづれかのチームに所属し、一度はプロ野球選手を始めとした職業野球を目指していたと思います。

そのため、野球関係者の大半は野球を上手くなりたいと思ってやっています。

では、野球を上手くなるためには何をすることが必要でしょうか。

答えは簡単で「練習」しなければ野球が上達することはありえません。

そのため、本格的に野球をやっている人であれば、来る日も来る日も日が暮れるまで野球漬けの毎日を送っていると思います。

皆が野球を上手くなるために自分の貴重な人生の時間を割いて野球の練習をしています。

しかし、その練習に取り組む前に一つの事実を認識しておかなければなりません。

それは

練習には上手くなる練習があると同時に下手になる練習も存在しているということ

です。

言われてみれば当たり前の事実ですが、この事実を無視して練習をしてしまっている現場をたくさん目撃します。

>次のページ:野球選手には一つ一つの練習を検証することが求められている

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

日本人の野球選手にかけているもの

2016年11月28日

坂本勇人選手と糸井嘉男選手のバッティングの共通点

2016年8月1日

バッティングでボールに打ち負けないために必要なこと

2017年3月14日

バッティングの「力の伝え方」を考えたことがありますか?

2016年10月24日

「アッパースイング」も「ダウンスイング」も結局同じことって知ってました?

2016年1月28日

タイミングが外されてもバッティングできる方法

2016年10月16日