野球が上達するために必要な練習を見分ける方法

野球が上手くなるための練習とは何か考えたことはありますか?

野球が上手くなるための練習とは何なのか考えてみたことはあるでしょうか。

恐らく大半の選手がとくに考えることなく一生懸命に毎日練習していると思います。

そして中身は過酷で長時間に及びます。

それにも関わらず試合中に選手たちは何をしているでしょうか。

言い方を気にしなければ、投手以外の選手は大半をぼーっとして過ごします。

投手でさえ15~20分間隔にはベンチに戻って座って休憩することができます。

一度も打球が飛んでこない選手さえいる程です。

そんな競技特性を持った「野球」というスポーツであるにも関わらず、現在主流で行われている練習メニューがベストだと思いますか?

もっと現在の野球が無意味な練習を繰り返している根拠を記すこともできますが、そんなことをしなくても現役でプレーしている選手は感覚的に気づいているはずです。

しかしそれでも、指導者や先輩の言うことを無視することはできない状況があるため、真面目に黙々と練習をこなしています。

そして現実は、サボっている選手の方が結果を残し続けているという悲しい結末です(『練習をサボると野球が上手くなるのは歴史が証明してきた』)。

>次のページ:野球が上達するために必要な練習を見分ける方法

ページ: 1 2 3

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野手は腰を落とせば落とすほどエラーする

2017年10月18日

女子野球選手に特有なバッティングに大切なこと

2016年7月25日

バッティングはストライクゾーンを振ることがベストなわけではない

2016年10月29日

バッターが苦手なコースを克服する方法

2016年7月24日

野球選手に筋トレが意味をなさない理由

2016年3月4日

ヘッドをたてる・・・なんて物理的に考えたら無理

2016年8月7日