野球選手は足が速くなくても盗塁はできる

野球選手は足が速くなくても盗塁はできる

野球において「盗塁」は足の速い選手だけに与えられた特権だと思われがちです。

ただ、

野球は足が速くなくても盗塁はできる

ということを忘れてはいけません。

当然ながら、足の速い選手と遅い選手では足の速い選手の方が有利であることは間違いありません。

しかし、足が遅い選手にも盗塁のチャンスはいくらでも存在しています。

むしろ、ポイントをしっかりと抑えることができれば、足の速い人よりも盗塁の数は増やせる可能性はいくらでもあります。

なぜなら、いくら足の速い選手と遅い選手であってもベース間ぐらいの距離であれば1秒も差はつきません。

例えば、足の速い選手が4秒で塁間を走り、足の遅い選手が4.5秒で塁間を走ることができると仮定しましょう。

その場合であれば、投手が投球してから捕手がスローイングし、セカンドベースに到達するまでに時間を0.5秒遅くすることができれば、二人の時間差は埋めることができるということです。

では、この0.5秒を埋めるためには何をすればいいのでしょうか。

気を付けるポイントは以下の4点です。

【1】カウント
【2】リード
【3】スタート
【4】捕手への牽制

この上記4点の技術を磨けばいくらでも盗塁のチャンスを広げることができます。

>次のページ:盗塁の確率を高めたければ相手を観察し続けろ

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングのトレーニングで苦手なコースを克服する方法

2016年10月5日

野球選手にとって効果的な筋肉の”つけかた”【打者編】

2015年10月25日

手押し車に効果はあるのか? ~トレーニングのやり方を見直すススメ~

2016年1月8日

筋トレがもたらす負の効果を知っていますか? ~野手の故障No.1「肉離れ」の正体~

2016年2月27日

バッティングが上手くいかない時の最大の処方箋は練習を辞めること

2017年5月20日

野球選手に横隔膜が大切な理由を知っていますか?

2016年6月7日