野球選手は足が速くなくても盗塁はできる

野球選手は足が速くなくても盗塁はできる

野球において「盗塁」は足の速い選手だけに与えられた特権だと思われがちです。

ただ、

野球は足が速くなくても盗塁はできる

ということを忘れてはいけません。

当然ながら、足の速い選手と遅い選手では足の速い選手の方が有利であることは間違いありません。

しかし、足が遅い選手にも盗塁のチャンスはいくらでも存在しています。

むしろ、ポイントをしっかりと抑えることができれば、足の速い人よりも盗塁の数は増やせる可能性はいくらでもあります。

なぜなら、いくら足の速い選手と遅い選手であってもベース間ぐらいの距離であれば1秒も差はつきません。

例えば、足の速い選手が4秒で塁間を走り、足の遅い選手が4.5秒で塁間を走ることができると仮定しましょう。

その場合であれば、投手が投球してから捕手がスローイングし、セカンドベースに到達するまでに時間を0.5秒遅くすることができれば、二人の時間差は埋めることができるということです。

では、この0.5秒を埋めるためには何をすればいいのでしょうか。

気を付けるポイントは以下の4点です。

【1】カウント
【2】リード
【3】スタート
【4】捕手への牽制

この上記4点の技術を磨けばいくらでも盗塁のチャンスを広げることができます。

>次のページ:盗塁の確率を高めたければ相手を観察し続けろ

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

ボールをよく見るから打てません~周辺視野の鍛え方~

2015年11月26日

バッティングでゴロばかり打って楽しいですか?

2017年4月2日

バッティングで遠くにボールを飛ばすために必要なこと

2017年6月8日

筋トレが野球選手に必要ないと考えたことはありますか?

2017年1月1日

インコースが苦手でいくら対策をしても見逃してしまう人の対策法

2016年10月2日

MONOBUNを使って簡単にバッティングのコツを掴む方法

2016年9月12日