野球選手はアウトになることを恐れなくなると上手くなる

野球選手はアウトになることを恐れなくなると上手くなる

野球はメンタルのスポーツです。

スポーツ全般において言えることかもしれませんが、失敗を恐れすぎると結果的に失敗の確立が上がってしまうものです。

中でも打者において言えることは、

アウトになることを恐れなくなったら上手くなる

傾向にあります。

アウトになることを恐れすぎると、野球選手は前に進めなくなるということがよくあります。

冷静になって考えれば、好打者と言われる選手でも半分以上はアウトになっています。

どれだけ出塁率が良い選手でも4割ぐらいで、打率で言えば3割そこそこで優秀な打者です。

それにも関わらず、成長過程の選手が失敗を恐れてしまってはいけません。

アウトになってみなければ、アウトになるかどうかもわかりません。

アウトになってみて初めて、アウトとセーフのギリギリの境界線が分かります。

練習や、紅白戦、オープン戦、練習試合で、このギリギリの境界線を経験しなければ、何も分からないまま公式戦を迎えることになります。

そんな選手ほど公式戦で失敗するということになります。

何らかの失敗をしてアウトになってしまえば監督やコーチに怒られるでしょう。

しっかりと考えてプレーしろと言われるでしょう。

しかし、この怒られることを恐れて安全なプレーばかりを続けていたら、結局は自分のためになりません。

上級の野球の世界にはいけません。

職業野球人であるプロ野球や社会人野球で活躍する選手は、常に「アウト」と「セーフ」のギリギリの境界線で闘い続けて来た人間です。

しかも、そのギリギリの境界線に自分の人生すらかけて闘っています。

そのため本気でプロの世界を目指していくなら、少なくとも学生野球の間にアウトになることを恐れてはいけません。

「アウト」と「セーフ」の境界線をできるだけ多く経験するように、攻めた結果「アウト」になるような練習も大切なことです。

繰り返しになりますが、野球はメンタルが重要なスポーツです。

メンタルが弱ければ高いレベルの野球はできません。

やや不良っぽい選手が練習もしないのに活躍するようなことがあるのは、肝が座っていて恐れがないからという一面もあるでしょう。

思い切った攻めのプレーができているのかもしれません。

明日からはアウトになることを恐れずに、どんどん新しい挑戦をしていくようにしましょう!

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球の常識はスポーツの非常識part2/Kindle版【発売開始】

2016年8月24日

「テイクバックはいらない」がこれからの常識 ~テイクバック不要論【理論編】~ /Kindle版 発売開始

2016年3月18日

筋肉はつけると故障リスクを高め、筋肉がつくと故障しにくい

2017年3月6日

投手心理をマルハダカにして投手を打ち崩せ!~第1話:試合前の投手心理~

2015年11月14日

バッティング技術と試合に出られるかどうかは関係ない

2017年6月4日

野球選手に必要なトレーニングの結果とは

2017年4月14日