プロ野球選手に教わると下手になる

プロ野球選手に教わると下手になる

冒頭から問題発言のようなことを言いますが、

プロ野球選手に野球を教えてもらうのは辞めましょう。

大半の方は、プロ野球選手ほど野球選手として素晴らしいパフォーマンスを発揮している人はいなにので、そんな選手に教わると、上手くなりそうなイメージがあると思います。

しかし、実際のところは、その反対の現象が起きてしまっているのが現実です。

つまりは、選手本来のバランスを崩してしまって、下手になってしまっているということです。

当然ながら、すべての選手が当てはまるわけではないものの、最近のtakebat.comへの問合せの現状を考えれば、大半のプロ野球選手、元プロ野球選手には教わらない方が良いと考えざるをえません。

むしろ、元プロ野球選手で野球教室を通して成果を出している所に限って、「技術指導をしない」という所が多いように感じます。

技術指導をせずに、環境を整え、野球の楽しみだけを伝え、自分自身で考え工夫させるようなスタイルです。

そして恐らく、「プロ野球選手に教わらない方が良い」ことは、選手自身やその親御さんの方が既に感じていることではないでしょうか。

プロ野球がシーズンオフになると、プロ野球選手が野球を教えてくれる野球教室が全国各地で行われるようになります。

そのため、一度くらいは何らかの形で、プロ野球選手から色々教わる機会を得ることができます。

そんな野球教室に参加した感想は、

「いまいち言っていることがわからない」、「言っていることがちぐはぐしている」、「当たり障りのないことを教えている」、「教わったらフォームが崩れてしまった」

など、よくなる傾向よりも、現状維持か、悪くなる傾向の方が強い印象を受けます。

良いことといえば、「○○選手が見られてテンションがあがった!」というものぐらいではないでしょうか。

希望を抱くことも一つの大きな成長のきっかけになるのは確かですが、それなら野球教室という形をとらなくてもいいのではないでしょうか。

名選手は名指導者にあらずとはよく言ったものです。

では、なぜプロ野球選手に教わると下手になることが多いのでしょうか。

takebat.comの見解は以下になっています。 

・プロ野球選手には人に教えたという機会や経験がないから
・生まれてから野球しかしたことがないため、人に伝えることに慣れていない
・一般的な読み書きを勉強していないので一般人への伝え方が分からない
・自分が伝えたいことの1/10も伝えきれていない

上記のようなことが起きているからではないかと推測しています。

すべてまとめるとあることが分かると思います。

それは、

人に伝えるためには技術が必要である

ということです。

いっそのこと伝わらないのであれば、教えてもらうことをやめるか、伝説の長嶋さんの感覚的な表現を徹底する指導法にしてしまった方がいいのかもしれませんね。

となってくると、テレビなどの特集もどこまで取り入れていいのか考えものですね。

takebat.comの結論としては、野球選手に教わるぐらいなら自分の感覚を大切にして自分で考える癖をつけることをおすすめします。

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球の基本は「走り込み」なんて大嘘です。

2016年12月8日

バッティングは結果的に良くなるようにトレーニングする

2017年5月31日

ボールをよく見るから打てません~周辺視野の鍛え方~

2015年11月26日

バッティングは左打ちが圧倒的に有利な理由

2017年2月14日

バッティング上達に足りないのは練習ではない

2017年4月22日

走り込み不要論~野球選手に走り込みはいらない/Kindle版【発売開始】

2017年2月10日