人のバッティングを真似してもうまくならない

まずは人の真似からが基本なのか

スポーツに限らず、あらゆる分野・業界でも定説的に語られる「人の真似をするところから始めましょう」という話ですが、この話は本当のことなのでしょうか。

皆さんはいかがお考えでしょうか。

「takebat.com」では、人の真似をしても上手くならないと考えています。

その根拠を語る前に、「過去の自分」と「現在の自分」を振り返ることから始めたいと思います。

過去の自分の真似をしても意味がない

あなたは、バッティングの調子が悪くなると、過去の良かった時のビデオや写真を見て、その時の感覚や、フォームなどを取り戻そうとしたりしていませんか?

このことに関して言うと、間違いなく、やめた方がいいと言い切ることができます。

それは、

「過去の時点」での身体や心の環境は、「現時点」とはまったく違う状態なので、動画や写真を眺めても、身体や心の状態が同じになることはないから

です。

スポーツにフォーカスすれば、基本的なパフォーマンスを示す基本となるのは、「身体」と「精神状態」です。

そこに+αで「技術」がのっかっているイメージです。

その基本となる「身体」や「精神状態」が異なるのにも関わらず、「過去の時点」の技術を上書きしたところで同じ結果はまっていません。

それどころか、過去に良い状態だったのであれば、悪くなる可能性の方が高いでしょう。

人間の身体は日々変化をしており、その時の身体に適した「動作」のやり方というのがあります。

そのため、「過去の栄光」にすがった所で、「現在のあなた」にとっては何のプラスもないでしょう。

有名選手の真似をしても意味がない

上でお話しした「過去の自分を真似ること」というのは「他人を真似ること」と同義ではないでしょうか。

人間の身体は千差万別で、人の身体にあったバッティングフォームというのは、一人の人間に一つずつ存在しています。

ある結果を出している選手は、運的な要素も含め、必死な努力の結果で「その人に合った」、「その時に」ベストなフォームを手に入れ、結果を出しているにすぎません。

同様に、あなたにはあなたの、現時点にあったベストなフォームがあるはずです。

それを人のフォームを真似したところで、完璧に真似することが難しい上に、真似できたとしても結果を出すことは難しいでしょう。

あなたとその選手の身体はまったく違うのですから。

チームの合宿などで皆さんの前でモノマネを披露して笑われて終了・・・がオチでしょう。

そんな宴会芸で終わってしまったら、大好きな野球をやっていることからすると本末転倒ではないでしょうか。

分かりやすくて最も難しい「リラックス」

では、どうすることで、バッティングフォームをより良い形にすればいいのでしょうか。

この答えは意外とシンプルなので、あまり考えすぎないようにしましょう。

それは・・・

自分が最もリラックスした構え方を模索すること

です。

何をいまさら・・・と思われた方、あなどるなかれ、人間にとって「リラックス」を意図的につくることは、かなり難しいことです。

リラックスした構えから、インパクトの瞬間にのみ最大の力を集約してスイングすることを実現できれば、そのための構え方は、乱暴な言い方をすればなんでも構わないし、その方法は千差万別です。

人の真似をする暇があれば、もっとも分かりやすく、ただ実現が困難な「リラックスした構え」について自分の身体と対話する時間を大切にすることの方が現実的です。

ただ、この「リラックス」という言葉、追及すればするほど、どれだけ難しいか分かって頂けると思います。一度、この記事を機会に、自分の身体に聞いてみることをおススメいたします。

バッティングが気づけばよくなっているトレーニング方法

では、具体的にどのようなトレーニング方法があるのでしょうか。

最もおススメなのは、

MONOBUNを使ったトレーニング方法

です。

「MONOBUN」という「トレーニングアイテム」を活用すれば、「バッティング」に関する全ての悩みを解決することができます。

「MONOBUN」は、極端な言い方をすればどんな「スイング」でも構いません。

・・・というのは極端すぎますが、自由に「スイング」していいものです。

特に決まった使い方はなく、自分が思う「スイング」のまま使用して構いません。

その中で「爆風音」がなるように、微調整をしていけば、いつしか「爆風音」を鳴らすことができます。

そして「爆風音」が鳴った時には、自分の身体を効率的に使うことができています。

つまり、その選手が本来もつ力をロスすることなく伝達し、インパクトの瞬間に100%の力を伝えることができます。

「MONOBUN」は、一般的に良いとされる「スイング」ができていたとしても鳴りません。

あくまで一般的に良しとされる「スイング」であって、あなたにとってベストなスイングではないかもしれないからです。

つまり「MONOBUN」の「爆風音」を鳴らすことに意識していれば、自然とその他の「動作(スイング)」がその人の身体に最適化されていきます。

「MONOBUN」の「爆風音」に意識をもっていっていれば、自然と「リラックス」した「バッティング」を手に入れることができます。

「MONOBUN®」とは

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がありません(『マスコットバットはスイングスピードを遅くする』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

なぜなら「MONOBUN®」には、もう一点優れたポイントがあります。

それは、「調子の波を感じることができる」ということです。

普段は「MONOBUN」を振って「爆風音」を鳴らしていた選手が、調子を崩すと必ずといって「爆風音」を鳴らすことができなくなります。

同じ意識で振っていれば「爆風音」が鳴らなくなるのは当然で、人間の身体は常に変化しているためです。

そんな微細な変化すら「MONOBUN」は感知し、体感させてくれます。

調子を崩し始めるその前に「MONOBUN」を振って、「爆風音」を鳴らすことができる「あなたに合った効果的な身体の使い方」を実現しておきましょう。

そして実際のボールを打つ感覚を得るためには、本気で技術を手に入れたい人のために開発された「木製バット」である、炭化竹バット「WINDOM」を使用しましょう。

▼「MONOBUN®」の詳細はコチラ▼

headerimg_monobun(660)

▼「MONOBUN®」の購入はコチラ▼

痛くない・折れにくい・技術が身に付く「炭化竹バット/WINDOM」

「MONOBUN」を使って「スイングフォーム」を手に入れた後は、実際の「ボール」を打つときにも同じ「スイング」を実現させる必要があります。

そんな時にはできる限り「木製バット」で練習することをおススメします。

今や、「金属バット」では「バッティング技術」が身につかないことは常識となっています(『金属バットで練習しても技術は伸びないって知ってた? ~炭化竹バットのススメ~』)。

では、「木製バット」で練習すればいいのでは・・・という話になると思いますが、ハナシはそんなに簡単ではありません。

「木製バット」は扱い方を間違えてしまうと簡単に折れてしまいます。

湯水の如く資金力があるのであれば、いくら折っても問題ないと思いますが、そんな環境下にある選手は多くはないでしょう。

そこで昔から使用されていたのは「竹バット」であったわけですが、そんな「竹バット」には「ボール」を捉えた時の「手のひらの激痛」という問題がありました。

そんなすべての問題を解決した「バット」こそが「炭化竹バット/WINDOM」です。

「MONOBUN」を使って適切な「構え方」と「スイング」を手に入れ、「WINDOM」によって実際のボールを捉える練習をすれば、「バッティング」の見違えるような変化に驚くでしょう。

▼「WINDOM/ウィンダム」の詳細はコチラ▼

headerimg_windom

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングは筋力があるから打球が飛ぶわけではない

2017年10月22日

バッティングトレーニングするぐらいなら脳トレをしよう

2017年5月26日

バッティングで打てない原因はヘッドの位置なんて気にしているから

2016年1月16日

ホームでのブロックのルールが変更されたのは知っていますか? ~ブロックするからアウトをとれない事実~

2016年3月10日

指導者の考えていることが分からないあなたに ~選手ができること~

2016年4月23日

フライ理論が今ではバッティングの常識

2017年12月15日