野球選手にとって必要な飲み物のハナシ/Kindle版【発売開始】

野球選手にとって必要な飲み物のハナシ/Kindle版【発売開始】

ここ最近では、野球界において「熱中症」が注目されています。

特に夏の練習などで何人かの尊い命がこの熱中症によって亡くなることを良く聞くようになったからでしょう。

そのための対策として「水分補給」の重要性が叫ばれるようになり、様々な対策が施されるようになっています。

しかし、何かお気づきになることはありませんか?

これだけ様々な対策が施されるようになり、小まめな「水分補給」が行われているのにも関わらず、一向に「熱中症」で倒れている人が後を絶ちません。

しかも、一昔前の「水分補給を禁止」していた精神論で片づけられていた時代よりも多いような気さえします。

昔よりも熱くなったからでしょうか?

多少は気候の変動があるかもしれませんが、激変しているわけではありません。

対応策として「水分補給」を行っているにも関わらず、現状が進んでいるのであれば、何か不十分だと考えるのが妥当ではないでしょうか。

そこで数々の研究を進めていくと一つの答えに行きつきました。

それは、

「水分補給は熱中症の対策にならない」

というものです。

しかし、これには但し書きが必要で、「間違った水分補給の場合」に限られます。

つまり、大半の野球選手及び指導者・保護者含め、せっかく「水分」を「補給」しているのにも関わらず、人間の身体にとって意味のある「水分補給」になっていないということです。

決して「水分補給」に意味がないわけではありません。

その「水分補給」の考え方や在り方に誤りがあるだけです。

そんな現状を元に本著では、その誤りがどこの部分であるのか、そして本来はどう考えるべきなのか、さらに実際はどのように「水分補給」を行えばいいのかということを詳細に記しています。

「水分補給」は適切に行えば、「熱中症」や「脱水症状」などの対策になるのは当然ながら、野球選手のパフォーマンスにも大きく影響してきます。また「水分補給」に対する考え方は、その他のトレーニングや技術的な話にも通じます。

本著は「飲み物」という観点で記されている書籍ですが、野球選手にとって必要な身体の知識が満載につまっているので、「飲み物」に興味がない方であったとしても、野球選手として意味ある書籍としてまとめられています。

ぜひこの機会に「飲み物」について考える機会を持ち、同時に自分の身体についての理解を深めて下さい。

本著を読み終えた後には、必ず野球選手として一段も二弾も上のレベルへとステップアップしていることでしょう。

▽ご購入は以下の画像より▽

nomimono_660-343

『野球選手にとって必要な飲み物のハナシ』の概要

『野球選手にとって必要な飲み物のハナシ』の章タイトルをご紹介いたします。

◆水分補給は熱中症対策にならない?!◆
1.はじめに
◆水分補給が本来果たしたい目的について◆
2.水分補給を沢山しても熱中症になるって知ってた?
3.「ただ水分を補給すればいい」は底辺の考え方
4.脱水症状ってなぜおきるのか
5.一日に必要な水分量って誰が決めたの?
6.水分補給の基本的な考え方(自分の感覚を大切にすること)
7.水分補給の目的
◆水分補給についての誤解◆
8.体格によって飲み物が違うのは当たり前
9.皆が同じ飲み物を飲んでいることは不自然な事
10.水分補給にならない飲み物もあるって知ってた?
11.ポジション別によって合う飲み物は違う?!
12.性格によって合う飲み物は違う?!
13.水は神秘的な飲み物
14.どの情報を信じるべきなのか
15.野球選手は故障の予防と身体の回復を意識すれば上手くなる
16.おわりに
【参考付録】東洋思考的に見たタイプ分けと薬膳ドリンク

▽ご購入は以下の画像より▽

nomimono_660-343

▽本日まで無料公開中!▽

hijyoushiki_660-343【campaign】

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

高校野球選手が最も大切にしなければならないこと

2016年4月16日

打者が目指すべきこと

2016年10月8日

野球選手が見た目をいくら真似をしても無意味な理由

2017年10月9日

投手心理をマルハダカにして投手を打ち崩せ!~第1話:試合前の投手心理~

2015年11月14日

バッティングの重心位置は前でも後ろでも構わない。

2017年2月26日

足の指の付け根に力をいれても力は入りません。

2016年9月22日