打者は「低め」と「高め」どっちの方がヒットになりやすい?

打者は「低め」と「高め」どっちの方がヒットになりやすい?

打者は「低め」と「高め」のボールであればどちらの方がヒットにできる確率が高いと思いますか?

当然ながら打者の特徴によって変わりますが、

一般的には「高め」の方が確立が高くなる

ということをご存じでしょうか。

その理由を、たまに解説されている時に、「目に近いから」、「よく見えるから」という風に言われていることが大半です。

しかし、新事実の人もいるかもしれませんが、

打者はインパクトの瞬間にボールなどほとんど見ていない

のに上記の理由は成り立ちません。

実際には投手の手からボールが離れて10mほどのところくらいまでした見ていないのがほとんどです(『あなたはまさか「ボールをよく見て」打とうとしてませんよね?』)。

それではなぜ、ベルト付近からやや上の「ボール」を打つと打率が良くなるのでしょうか。

「打者」が「高め」のボールを打った方が打率が良い理由

投手の投げた投球は、「ホップ」することはありえません。必ず地面に向かって落ちていくのです。

あくまで「ホップした」というのは感覚的なもので、極端に下から投げない限り、物理の法則に抗うことはできません。

そのため、打者は自分より高いところから下に向かって投げられたボールを打つことになるわけです。

通常の平地で投げたボールに比べ、実際のボールの軌道と、目で見て脳で処理したボールの軌道が認識の差が生まれます。

低めのボールは、目で「見た」ボールの軌道に対してバットを出すと、実際のボールはその目で「見た」ボールよりも低い軌道を描きます。

その結果、バットはボールの上を叩きやすくなります。

低めのボールはゴロになりやすいと言われる所以はここにあります。

反対に高めは、実際に目で「見て」脳で処理したボールの軌道に比べ、やや高い軌道を描きます。

この軌道が、人間の体の構造から繰り出されるスイングの軌道と類似しているケースが高いため、ボールをバットに当てやすくなります。

そのため、一般的に「高め」のボールの方がヒットにする確率が高くなり、「高め」を狙うように指導されます。

「高め」も「低め」もヒットの確率を高めるトレーニング方法

では、「高め」であれ「低め」であれ、実際のボールの軌道と、脳で認識するボールの軌道が一致していれば、ヒットを打つ確率を高めることができるという事です。

脳の認識と実際の軌道を一致させる練習方法があるのでお伝えしましょう。

それは

「MONOBUN®」を活用したトレーニング方法

です。

「MONOBUN®」はリラックスした状態で「テイクバック」という予備動作をなくし、最もその人にとって効率的な身体の使い方、インパクトに100%の力を発揮するスイングをした時に「ある爆風音」が鳴るように設計されています。

判断が難しい感覚の部分を「爆風音」だけで確認できるシンプルなものです。

つまり、「MONOBUN®」をスイングして、「爆風音」を鳴らすことができれば、そのスイングは本日の記事で記した「脳の認識と実際の軌道のズレ」という問題を解決してくれます。

インパクトに100%の力を伝えるためには、投じられたボールに対して、最短距離でバットがでてこなくてはなりません。

その最短距離の軌道こそが、本日の記事で記した軌道で、これは意識すればするほど、目でボールを見てしまうのでズレていきます。

しかし、「MONOBUN®」を使えば、「爆風音」を鳴らすことに意識を向けていれば、「いつのまにかできている」、「結果的に最短距離になっていた」というトレーニングアイテムです。

これで「高め」も「低め」も関係なく、力強く振り抜くことができます。

そして実現したスイングは、「その人の」、「その瞬間の身体にあった」形でスイングを実現してくれます(実際の鳴らし方は十人十色)。

ちなみに「MONOBUN®」は筋肉ムキムキだからといって「爆風音」を鳴らすことができません。

体のバランスが良い状態でスイングすることができれば爆風音がなるのです。

打球は力を込めても飛ぶことはありません。

それは選手である皆さんが一番よくわかっているはずです。

「ホームラン」を打った時、バットが抜けるように「スパッ」と振り切れると思いますが、力を込めている感覚はありません。

これは打ったことがある人であれば、必ず覚えている感覚ではないでしょうか。

そんな感覚を思い出させて、さらに定期的にチェックできるトレーニングアイテムが「MONOBUN®」です。

効率的な動きは、人それぞれ身体の構造が違うため、一つの形がないと言われ続けています。

そのため、ある人がやった成功法が、他の人に当てはまらず、目指すべきところがわかりませんでした。

しかし、それが「MONOBUN®」で解決されてしまいます。

その分細かな具体的方法がないため、自分で創意工夫する必要があります。

一度、手に入れたスイングも、成長(衰退)と共に効果的でなくなる時があります。

そんな時にも「MONOBUN®」を使って再検証してみれば、また新たなコツをつかむハズです。

ネクストバッターズサークルに置かれているマスコットバットには意味がないことが判明してきています(『マスコットバットを使うとスイングスピードが落ちるという事実』)。

この「MONOBUN®」がマスコットバットに変わって置かれる日もそう遠くない現実だと思います。

「MONOBUN®」が実現してくれる詳細なバッティング理論については、書籍にまとめてあるのでぜひこの機会にご覧ください(下記画像より詳細をご確認ください)。

そしてとうとう「MONOBUN®」の発売日が決定致しました!

2016年6月1日に4.480円(税別)で発売致します!

「MONOBUN®」は現在大枠の開発が完成しているので一部の方に情報をお伝えしたり、モニター実施をしたところ、大反響を頂いており、初回製造分の予約が埋まってきております。

製造に手作業の特殊な工程があるため(特許出願中)生産量に限りがでてしまうため、予約注文をしておきたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

「MONOBUN®」の詳細については、順次お知らせしていくのでご期待ください。

▽『テイクバック不要論【理論編】』の詳細はコチラ▽

non-takeback-r_660-343

 

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

野球の練習には下手になる練習があることを忘れてはいけない

2017年10月17日

ホームランを打つ練習ってなぜしないの? ~ホームランの打ち方~

2016年7月13日

テイクバックをとるとボールが揺れる?! ~テイクバックをとるから打てません~

2016年1月24日

バッターにとって良いボールの待ち方とは?

2016年5月10日

サボると上手くなるのが野球界の現実

2017年10月10日

あなたはケースによって送球する位置を変えていますか?

2016年7月2日