ダウンスイングの真実~上から叩くな、ゴロなんか狙うな~

「ダウンスイング」の真実

打者がバッティングの指導を受ける時に良く言われることがあります。

それは、

・ゴロを打て
・ダウンスイングをしろ
・上から叩け
・レベルスイングだ
・地面と水平に振れ

といった堅実的な思想をもったバッティング理論です。

すべて言いたいことは同じで、「ゴロ」性のある低い弾道の強い打球を打つように心がけるものです。

かなり昔からこういった指導が続けられており、中々進化をしていないのが野球界の特徴です。

しかし、科学は発展し、投球されたボールの軌道に対して「スイング」の軌道を考えると、上記のような指導は間違いであることが判明してきています。

投手のボールは重力の影響を必ず受けるため上から下に沈んでいくことになります。

そんな沈んでいくボールに対して、バットにボールが当たりやすく振るには、「スイングの軌道」を下から上に上げることが理に適っています。

このレベルの話であれば、「科学」と呼ぶまでもない事実ですが、野球界は昔(先輩)からの意見を疑うことなく継承していく傾向にあるため、新たなことが実践されていません。

>次のページ:上から叩くな、ゴロなんか狙うな、打率を下げたいの?

ページ: 1 2 3 4 5

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングはフルスイングしないと芯でとらえられない

2017年3月13日

人のバッティングを真似してもうまくならない

2016年10月13日

甲子園を目指す高校野球が野球選手としての未来をつぶす

2017年9月7日

ボールが止まって見えた・・・なんてありえるのか。

2016年12月23日

どんどんホームランを狙おう ~ホームランを狙うとスイングがシンプルになるという矛盾~

2016年2月2日

『野球の常識はスポーツの非常識』が無料で読めるチャンス! ※2日間限定

2016年8月30日