テイクバックは必要ありません ~テイクバック不要論~

テイクバックをしないことに気づいていないことが多い

意外にも思われるかもしれませんが、野球界には約50年も前からテイクバック不要論はありました。

世界一のホームラン王である王貞治氏が実践してきたことなのですが、なぜか他の選手にはそれが浸透しませんでした。

(『何のためにやっているか知っていますか? ~王貞治氏の一本足に隠された秘密~』)

正確に言えば、浸透はしていたけれど、テイクバックをとっていないことがポイントだったと気づいていなかった、という方が適切なのかもしれませんね。

昔のプロ野球でもテイクバックをとらないことで、コンスタントに結果を残している選手はいたのですから。

>次のページ:テイクバックをとらない方法

ページ: 1 2

この記事をSNSでみんなに教えてあげましょう♪

  • LINEで送る

MONITOR CAMPAIGN

【炭化竹バット】WINDOM/ウィンダム ~無料モニターキャンペーン~

この記事に関係のある記事

バッティングのトレーニングをする時に考えること

2017年1月9日

バッティングマシンと投手が投げる140km/hのボールが違う理由

2016年3月20日

バッターがすべきバッティング練習とは

2016年7月31日

バッティングは左打ちが圧倒的に有利な理由

2017年2月14日

バッティングのトレーニングをするならゴロなんて狙うな

2017年5月8日

打者がワンバウンドのボールをつい振ってしまうワケ

2016年2月11日